最強の5レイヤリングとは
この1枚が登山を変える
アクティビティ 登山/トレッキング/秋冬のトレイルランニング/自転車/スキー/スノーボード
シーズン
  • オールシーズン

“汗冷え防止”を実感

満足・やや満足 89%

着てみてビックリ

初めは正直に半信半疑でした。効果も良く分からないし、穴が開いていることにも違和感でした。でも着てみてビックリ。今では登山仲間みんなに勧めて、みんな着用しています。(30代男性)

快適が不安を打ち消した

最初に袖を通した時は軽く、薄く、頼りない印象があったが、すぐに快適がそれを打ち消した。(40代男性)

縦走でも快適

縦走していても体のべたつきがなく、水場が少ない山域の縦走でも安心。
特にボトムスは快適で、縦走していてもニオイが気になることなく快適で、場合によっては洗っても朝には乾いているから断然気分がよいです。(40代男性)

雨の日の安心感が全然違う

この値段で雨の日の安心感が全然違うので、登山時は必ず身に付けています。(40代男性)

特長features

finetrackだけの「撥水」技術による効果

  • 汗冷えを防ぐ
  • 汗臭くならない
  • 雨にぬれても保温
  • 軽量化できる

汗冷え・疲労を防ぐ

寒さを感じると、人の体は体温を維持するためにエネルギーを余分に使ってしまいます。ドライレイヤー®は肌から汗を素早く遠ざけることで汗冷えを防ぎ、余計な体力消耗を最小限に抑えてくれます。

汗冷え対策について詳しくはこちら

汗の冷たさを抑えて疲労を防ぐ

においやベタつきがない

汗が肌に残りにくいため、体にまとわり付かず、さらりとした着心地が長く続きます。さらに汗の成分による嫌な臭いも軽減します。

ベタつき対策について詳しくはこちら
ニオイ対策について詳しくはこちら

べたつき感テスト

べたつき感テストグラフ

濡れても変わらない安定した保温性

強力な耐久撥水加工(100洗80点以上 JIS-L1092法)が施されているドライレイヤー®の生地は、ほとんど水分を含まず、ウエアが濡れた時と乾燥しているときの保温性に大きな差が無いのが特徴です。そのため、濡れるのを気にせず、ずっと着続けることができます。

消費者熱量比較テスト (当社試験データ)

消費熱量比較テストグラフ

軽量化に貢献

保温性が安定しているため、汗をかいても着替えの必要がほとんどなく、過度な重ね着も不要です。たとえベースレイヤーが濡れてもドライレイヤー®はドライなままだから、山小屋やテントでも不快感がなく、着たまま濡れたウエアを乾かすこともできます。

過度な重ね着が減り、軽量化に貢献

ソフトな着心地

素材自体が身体の動きに追従し、締め付けのストレスを感じにくく、肌に馴染みやすいやわらかな着心地です。着用時はわずかに肌色が認識できる適度な透け感です。

スキンメッシュ生地イメージ

汎用性の高いオールラウンドタイプ

適度な保温力と汗抜けスピードのバランスに優れ、季節を選ばず、初めの一枚としても使いやすいオールラウンドのドライレイヤー®です。どんな登山シーンにも対応する高い汎用性が特長です。

アクティビティ
登山/トレッキング/秋冬のトレイルランニング/自転車/スキー/スノーボード

POINT ここに注目!

トルネードスリーブ

トルネードスリーブ

動きやすく、フィット感抜群の立体裁断。

メッシュ状ゴムイメージ

メッシュ状ゴム

ショーツ、タイツ、フィットブラなどのゴムは汗抜けのいいメッシュ状。汗をかいても、汗が溜まらず濡れ感がありません。

こだわりの素材material

かいた汗を肌に戻さない、画期的な耐久撥水ニット生地

写真:ニット生地が撥水している様子

高度な紡糸、および延伸技術により作られたポリエステルに、特殊な撥水処理と汗の濡れ戻りを低減する編みの工夫を加え、汗が通過しやすく、濡れ戻りしにくい非常に薄い耐久撥水素材スキンメッシュ®が完成しました。
(特許取得済 PAT.4384959)

似て異なる「撥水」ウエアと「疎水」ウエアの特性

ファイントラックの「撥水」アンダーウエアは生地自体が保水しにくいため、汗を上層ウエアへスムーズに移行させて肌のドライ感を持続させます。しかしポリプロピレンに代表される「疎水」アンダーウエアでは、生地を構成する繊維表面に水分が膜を張って残るため、汗が肌に滞りやすくなります。そのため、冷えとベタつき感の解消には、「撥水」アンダーウエアのスキンメッシュ®がより高い効果を発揮します。

写真:撥水の状態を表している

撥水(はっすい)

写真:疎水の状態を表している

疎水(そすい)

商品のラインナップへ 

選び方・使い方how to

Q1. 着用方法は?

A1. 肌に直接着用する

汗を肌から引き離し、濡れによる体温低下を抑えるための基本です。

Q2. サイズの選び方は?

A2. トップスはチェスト(バスト)、ボトムスはウエスト&ヒップを基準に

ドライレイヤー®は、隙間なく肌に接していることで肌から汗を離し、濡れ戻りを抑えます。サイズは、きつくない程度に身体にフィットしているものを選びましょう。


関連情報topics

ドライレイヤー特設サイト

NEW COLOR

男性用に透けにくいペイルグレー!

写真:スキンメッシュ男性用のペイルグレー

Men's item lineup

  • NEW COLOR ペイルグレー : 3月1日~発売!(ラインナップ、サイズにより順次)

UNISEX item lineup


 L1:ドライレイヤー®に戻る

サイズ表(ヌード寸法)

トップス

メンズ

  S M L XL XXL
身長 (cm) 162〜168 167〜173 172〜178 177〜183 182〜188
チェスト (cm) 85〜91 89〜95 93〜99 97〜103 101〜107

ウィメンズ

  S M L XL
身長 (cm) 152〜158 157〜163 162〜168 167〜173
バスト (cm) 77〜83 81〜87 85〜91 89〜95

フィットブラ・ブラタンクトップ

  S M L XL
トップバスト (cm) 77~83 81~87 85~91 89~95
アンダーバスト (cm) 63~69 67~73 71~77 75~81

ジュニア(UNISEX)

  140 150
身長 (cm) 135~145 145~155
胸囲 (cm) 65~71 71~77

ボトムス

メンズ

  S M L XL
ウエスト (cm) 71〜77 75〜81 79〜85 83〜89
ヒップ (cm) 87〜93 91〜97 95〜101 99〜105
股下 (cm) レギュラーサイズ 71〜76 74〜79 77〜82 80〜85

ウィメンズ

  S M L
ウエスト (cm) 57〜63 61〜67 65〜71
ヒップ (cm) 83〜89 87〜93 91〜97
股下 (cm) レギュラーサイズ 65〜70 68〜73 71〜76

ジュニア(UNISEX)

  140 150
ウエスト (cm) 54~60 57~63
ヒップ (cm) 70~78 76~84

ソックス

  XS S M L
(cm) 22〜23 23.5〜24.5 25〜26 26.5〜28

グローブ

手囲いの参考イメージ
  S M L XL
手長(cm) 16.5〜17.5 17.5〜18.5 18.5〜19.5 19.5〜20.5
手囲い(cm) ~20 20〜21 21〜22 22〜

ヘッドウェア

  • 被るラインや好みの違いもございますので、あくまでも目安としてご参照ください。

キャップ・バラクラバ

頭囲の参考イメージ
  S/M L/XL
頭囲目安(cm) 53〜58 57〜62

ハット

  S M L
頭囲目安(cm) 54〜56 56〜58 58〜60