最強の5レイヤリングとは
オールシーズン・オールラウンド
アクティビティ 登山/トレッキング/秋冬のトレイルランニング/自転車/スキー/スノーボード
シーズン
  • オールシーズン

特長features

NEW COLOR

透けにくい
女性のための淡色登場!

女性用モデルは、ブラック、ネイビーに今回重ね着しても透けにくい「ペイルグレー」を加えた3色展開となります。

スキンメッシュ 女性向け新色「ペールグレー」

汎用性の高いオールラウンドタイプ

適度な保温力と汗抜けスピードのバランスに優れ、季節を選ばず、初めの一枚としても使いやすいオールラウンドのドライレイヤー®です。どんな登山シーンにも対応する高い汎用性が特長です。

アクティビティ
登山/トレッキング/秋冬のトレイルランニング/自転車/スキー/スノーボード

濡れても変わらない安定した保温性

強力な耐久撥水加工(100洗80点以上 JIS-L1092法)が施されているドライレイヤー®の生地は、ほとんど水分を含まず、ウエアが濡れた時と乾燥しているときの保温性に大きな差が無いのが特徴です。そのため、濡れるのを気にせず、ずっと着続けることができます。

消費者熱量比較テスト (当社試験データ)

消費熱量比較テストグラフ

汗の冷たさを抑えて疲労を防ぐ

寒さを感じると、人の体は体温を維持するためにエネルギーを余分に使ってしまいます。ドライレイヤー®は肌から汗を素早く遠ざけることで汗冷えを防ぎ、余計な体力消耗を最小限に抑えてくれます。

汗の冷たさを抑えて疲労を防ぐ

においやベタつきがない快適な着心地

汗が肌に残りにくいため、体にまとわり付かず、さらりとした着心地が長く続きます。さらに汗の成分による嫌な臭いも軽減します。

べたつき感テスト

べたつき感テストグラフ

過度な重ね着が減り、軽量化に貢献

保温性が安定しているため、汗をかいても着替えの必要がほとんどなく、過度な重ね着も不要です。たとえベースレイヤーが濡れてもドライレイヤー®はドライなままだから、山小屋やテントでも不快感がなく、着たまま濡れたウエアを乾かすこともできます。

過度な重ね着が減り、軽量化に貢献

ソフトで快適な着心地

素材自体が身体の動きに追従し、締め付けのストレスを感じにくく、肌に馴染みやすいやわらかな着心地です。着用時はわずかに肌色が認識できる適度な透け感です。

スキンメッシュ生地イメージ

POINT ここに注目!

トルネードスリーブ

トルネードスリーブ

動きやすく、フィット感抜群の立体裁断。

メッシュ状ゴムイメージ

メッシュ状ゴム

ゴムは汗抜けのいいメッシュ状。汗をかいても、汗が溜まらず濡れ感がありません。

アウトドア女子のお悩み解決!

レディースウエアには女子にうれしい機能が満載!

ブラカップ

ブラカップ

独自の三層構造でバストから濡れを離し、不快感を軽減。

スクープネック

スクープネック

ウィメンズのトップスは襟首がベースレイヤーから覗きにくい仕様。

フライングクロッチ

[サニタリーショーツ]
フライングクロッチ

登っても走ってもピタっとよりそって、ナプキンのズレ・ヨレを抑えます。

ナプキンポケット

[サニタリーショーツ]
ナプキンポケット

ナプキンを固定できる大型ポケットをクロッチヒップ側に配置

女子ならではのお悩み解決!
アウトドア女子のアンダー選び

商品のラインナップへ 

こだわりの素材material

かいた汗を肌に戻さない、画期的な耐久撥水ニット生地

かいた汗を肌に戻さない、画期的な耐久撥水ニット生地

高度な紡糸、および延伸技術により作られたポリエステルに、特殊な撥水処理と汗の濡れ戻りを低減する編みの工夫を加え、汗が通過しやすく、濡れ戻りしにくい非常に薄い耐久撥水素材スキンメッシュ®が完成しました。
(特許取得済 PAT.4384959)

商品のラインナップへ 

着用方法How to wear

ドライレイヤーの着用方法

ドライレイヤー®の着用方法

肌に直接着用する

汗を肌から引き離し、濡れによる体温低下を抑えるための基本です。

ぴったりフィットサイズ

ドライレイヤー®のメッシュ構造から汗を外へと出すために、身体に密着するサイズ選びが大切です。

重ねるベースレイヤーも重要

重ねるベースレイヤーも重要

ドライレイヤー®の上にフィットする吸汗性の高いベースレイヤーを着用する

レイヤリングするベースレイヤー次第で濡れを感じてしまう可能性があります。 ファイントラックのL2ベースレイヤーはL1ドライレイヤー®との相乗効果を計算した専用設計。積極的な汗の吸い上げで最大限の「ドライ感」を実現します。

DRY L2ベースレイヤーを着用した場合

ドライレイヤーの上ベースレイヤーを着用した場合

毛羽がきっかけとなり汗の吸い上げが始まる。 汗を吸い上げると同時に素早く拡散させる。

WET 平滑な生地のベースレイヤーを着用した場合

ドライレイヤーグラフ

汗を吸うきっかけが少なくドライレイヤー®と肌の間に汗が残りやすくなってしまう。

商品のラインナップへ 

「撥水」ドライレイヤー®はfinetrackだけの技術

「撥水」とは、繊維の表面で水を弾く性質。「撥水」ドライレイヤー®は、生地自体が保水しにくいため、肌のドライ感を持続させます。一方、ポリプロピレン製アンダーウエアに代表される「疎水」とは、繊維内部に水を含みにくい性質。汗が肌に滞りやすく、冷えとベタつき感は解決されません。「撥水」と「疎水」。一見、似ているようですが、水分を肌から離す性能に根本的な差があります。 転がるような美しい水玉は、「撥水」ドライレイヤー®の証。肌をドライに保つ唯一無二のアンダーウエアといえます。

商品のラインナップへ 

使用者の声voice

西田 省三(山岳プロカメラマン)

もう我慢しなくていい。西田 省三(山岳プロカメラマン)

ドライレイヤー®を初めて使用したときに今まで我慢していたことが完全に解消されました。これまでは汗で濡れた衣服が乾かずに背中にべったりと密着、その冷えは上に保温着を着込んだところでどうにもなりません。いままでは仕方ないと思っていましたが、このウエアを肌に一枚着ることによって冷えは全くなくなりました。山での写真撮影で汗の濡れによる冷えがなくなったことにより、撮影中に無駄に耐えることがなくなりました。かつては背中が冷たくなったあと、また体を動かして温め直していたのですが、温まる前に次の撮影ポイントに着いたりすると、今度はリュックを下ろしてゆっくり撮影するのが面倒になっちゃったりするんです。また冷たくなるのか…と。過酷な環境では創作意欲は削られがちなので、すこしでも余裕を持っていたいのです。休憩中に背中が冷えて再びリュックを背負うのに勇気がいる、なんて苦い思い出がある人に是非使ってみてもらいたいです。信じられないほどそんなことがなくなりますから。

川崎久美子(会社員)

活動の範囲を拡げてくれた。川崎久美子(会社員)

スノーボードでゲレンデを滑っていた頃、楽しいんだけど寒さに耐えられず(もともと寒さに弱い)ネットで懸命に探して行き着いたのがスキンメッシュ®でした。それで想像以上に暖かかったものだから、バックカントリーボードや登山など活動の範囲もどんどん拡がっていきました。袖を通して暖かく、登山などで汗をかいたときに「冷たくならない」と二度驚かされました。2011年にエベレストに挑戦する機会がありましたが、ベースキャンプから先はすべて肌にスキンメッシュ®を着ていました。エベレストって寒いイメージがあるかもしれませんが、実際には日中はかなり暑くなって薄着のほうが快適だったりもする。でも行動中に脱ぎ着ができないので、寒いときの装備で歩いてかなり汗をかくんです。汗冷えが抑えられたのは私にはとても良かったです。私のように寒さに弱いけどアウトドア好きな女性はけっこういて、山で出会って襟元からのぞくメッシュ生地を見つけて「この人も着ているんだ」って思ったりしています。女性のほうが効果を実感できるのかもしれませんね。

Men's item lineup

Women's item lineup

UNISEX item lineup


 L1:ドライレイヤー®に戻る