ファイントラック採用・求人情報

仕事もアウトドアも、自分たちだけの軌跡を描く生き方を。一緒に成長していける仲間を募ります。

finetrackには独自の経営理念があります。
それは「遊び手が創り手」であること。
だから開発したギアには他のどこよりも思い入れが深く
フィールドでの使い勝手には自信があります。
もちろん創り手だけの職人集団なだけでは成立しないため
ビジネス上ではそこに「伝え手」が加わり
互いの力によって、このfinetrackが成り立っています。

このようなメーカーが極めて珍しいというのもありますが
独自のスタイルによって業績は伸び、
会社の規模も拡大しつつあります。
とはいえ「やりたいことは山ほどあるのに、
マンパワーが追いついていない」そんな状況なのです。
言い換えれば、伸びしろだらけの集団といえるかもしれません。

そしていま、私たちの想いに共感し、一緒に働きたい人を募っています。

アウトドアで遊ぶことを中心にするスタイルと
仕事に夢中になって向き合うスタイル。
ふたつの両立は一般的に難しいと考えられがちですが、
実際にはまったく逆で、互いに高めていくことは可能です。
わざわざ言われるまでもなく、共感された人はすでに
私たちにとって必要な人物像かもしれません。

他にはないfinetrackのこだわりがあります。
それは以下の通りです。

「さまざまな角度、スタイルで徹底的に自然と向き合う」「山岳ウエアは命を守るギアでなくてはならない」「素材開発からのモノ創り」「made in japanへのこだわり」「流行に左右されない本物のアウトドア文化を創る」

これは真剣に考え実践していることであり、多くの優れた力が
加わることで内容をより濃くさせることができます。

他の同業の会社さまと比較すると、かなり異質かもしれません。
遊びには四季折々のマルチデイ、マルチアクティビティを貫き、
その遊び方まで提案していくのですから。

単なる遊びといえども私たちは貪欲で真剣です。
こうなると最終的には、「売れるモノ」より

「本当に自分たちが欲しいモノ」に行き着きます。

自分で穴があくほど地図を眺め、理想的な軌跡をイメージしてそこへ足を踏み入れる。道標や避難小屋はおろか道さえないかもしれない。思考をフル回転させ、進むか戻るか、どんなギアを持ち込むか、リスクや悪天候にどう対応するか。ルールを作るのは自分自身。せっかくなら、誰もやらないことをやってみたい。

それはビジネスの現場でもかなり多くの部分が当てはまります。
夢中になって成功への糸口を探し、
さまざまな戦略をもとに駒を前へ進める
よそのマネなんて面白くない。
どこにもないモノ創りやマーケティング戦略で
市場を活発にしていきたい。
自分たちの軌跡を引きたくて生まれた、
私たちfinetrack(ファイントラック)に通じる部分でもあります。

いちばん好きをあえて仕事として選ぶ。365日が自分の感性と直結している生き方。共感いただけるあなたからのチャレンジをお待ちしています。

募集職種