最強の5レイヤリングとは

投稿者: 小谷部 明

K2(8,611m)の頂を目指して5月25日に出国したfinetrackスタッフ小谷部。こちらでは、現地から報告された遠征の様子を公開していきます。ぜひご覧ください!(finetrack編集部) ※メイン画像:栃木K2遠征隊2013より...

続きを見る

PICK UP CATEGORIES

山と山のあいだ

3/72018

渓流に思いを馳せる昼休み

いよいよシーズンインの渓流釣り!
そんな中、ひとりのスタッフがお昼休みに毛鉤をつくり始めました。...

続きを見る

LATEST POST

【7/23(月)】専門家があなたのウエアの機能をチェック!高機能を持続させるメンテナンス講習会

登山のベストシーズンになりました。
これからの山は大量にかく汗、突然降り始める雨にしっかり対応できなくてはいけません。そのためにはウエア本来の機能を発揮する必要がありますが、みなさんのウエアは大丈夫ですか?専門家があなたのウエアをチェックし、機能回復方法などをお話しします。

・開催日時:7/23(月) 19:00 ~ 20:30
・定員:各回20名 ※ご予約はお早めに!
・開催場所:finetrack TOKYO BASE 2階特設会場
・講師:田中由希子(finetrack プロダクト事業部)
・ご予約:詳細情報にある「イベントに参加する!」よりご予約ください...

続きを見る

ACTIVITIES

【7/27(金)】年齢関係なく楽しめる!海外で走った超長距離トレイルレースの魅力(トルデジアンを中心に)

普通の日本人でも遊べる、ヨーロッパトレイルレースの愉しみと、エントリーや旅程の紹介。
日本とは次元の違いを感じるアルピニズム文化の魅力を、カルチャーショックに陥った小話を交えながら、
2015年トルデジアンに日本人最年長参加者としてお話しします。


・開催日時:7/27(金) 19:00 ~ 20:30
・定員:各回20名 ※ご予約はお早めに!
・開催場所:finetrack TOKYO BASE 2階特設会場
・講師:堀 明浩(2015年トルデジアン日本人最年長参加者)
・ご予約:詳細情報にある「イベントに参加する!」よりご予約ください...

続きを見る

6/282018

大台ケ原 堂倉谷遡行

今シーズン何度かの入渓を経て、そろそろスケールの大きな沢へ行こうと考えた。日帰りではなく、沢泊してさらに深部へ。自然と一体になるような、あの高揚感を感じたい。
そこで選んだのは、大台ケ原の堂倉谷。二転三転と表情を変える渓相が魅力的だ。同僚の吉田と、山の懐に潜り込みたい衝動に駆られた者同士、大台ドライブウェイを走り登山口へ向かった。
■遡行日:6月16日~17日...

続きを見る

投稿者: 芳本 良輔  ■写真:芳本・吉田 

ACTIVITIES

5/312018

大峰のゴルジュを泳ぐ! 南紀 葛川本流遡行

普段はTOKYO BASEに勤務している佐藤が2日間、神戸事務所に出張に来ることになった。滅多にない機会だからぜひ一緒に遊ぼう! と計画したのが今回の遡行だ。タイムリミットは、佐藤が予約していた土曜日夜発の東京へのフライト時間。それを考慮して、六甲周辺のどこか身近な沢で…と話していたのだが、何を隠そう佐藤は根っからの沢男。「やっぱり関西来たなら大峰のゴルジュで泳ぎでしょっ!」と、計画を一転し、大峰南部の葛川本流を目的地とした。金曜日、業務終了のチャイムとともに男二人、仕事道具と沢道具を詰め込んだ車を南紀へと走らせた。
■遡行日:2018年5月26日...

続きを見る

投稿者: 芳本 良輔  ■写真:芳本・佐藤 

ACTIVITIES

5/312018

奥飛騨雪融けパドルトリップ

春は、熱狂的なエクストリームカヤッカーにとって、心躍る雪融けの増水シーズン。関西で3月に開幕した雪融けパドリングも、この頃には北信越以東にフィールドが移行。そこで、GWの遠征に選んだのは、北アルプスの奥飛騨新穂高の高原川と蒲田川。そして、合掌造り集落の渓谷を流れる庄川である。
■アクティビティ日:2018年4月28日~30日...

続きを見る

投稿者: 三宅 毅

ACTIVITIES

5/242018

残雪期 槍ヶ岳・北鎌尾根

何年か前の夏、上高地から水俣乗越を越えて、北鎌のコルへ取り付き登った北鎌尾根。その頃から、よりクラシックなルートである尾根末端部から挑戦したいという思いがあった。
「北鎌は春の方が楽」なんていう誰が言ったのかわからない噂をあてにして、GWの連休を使って挑戦することにした。春と夏では諸々条件が異なるが、ザレや藪の多いルートというのは、春の方が楽だったりするものだ。そんな期待感を持って挑んだが、結論から言うと、決してそんな事はなかった。
岩稜のアイゼンでの昇降は精神的に疲れるし、何よりも初日の沢セクションも厳しく、冒険要素を強く感じる。非常に充実感にあふれた山行であったことには間違いない。
■アクティビティ日:2018年4月29日~5月2日...

続きを見る

投稿者: 吉田 春陽  ■写真:吉田・芳本

ACTIVITIES