ドライ、だから温かい ドライを重ねる 5レイヤリング

finetrackスタッフの、季節のフィールドでのお気に入りアイテムを定期的にご紹介。
今回は、自転車・スキー・歩き・パックラフト・そしてオフロードバイク等々、あらゆる手段でマルチに山を駆けまわる、直営店TOKYO BASEスタッフの「究極の一枚」です!...

続きを見る

PICK UP CATEGORIES

LATEST POST

11/242022

3泊4日晴天のユルユル登山旅行記

初めまして!
今年の春に大学を卒業し、社会人になりました新人の苅田(かんだ)と申します。
ちょっぴり読みづらい苗字ですが、よろしくお願いします!

さて、11月初めのお休み。天気も良さそうだし、どこ行こうかな。
予定を立てるときはとてもワクワクしますね。

僕のメインスタイルは日帰り登山旅行です。
早朝から登り、夕方までに下山。その後、美味しいその土地の料理を嗜み、気持ちいい温泉に入り、道の駅を巡ってお土産を買う。
そしてまた次の山を目指して移動します。それが、僕のメインスタイル「日帰り登山旅行」です。
アウトドア好きが集うファイントラックではユルめのスタイルでやらしてもらってます。

今回紹介するのは、そんな僕の4連休は、3泊4日で百名山3座(苗場山、谷川岳、恵那山)のピークハントをしてきました。

■アクティビティ日:2022年11月3日~6日
...

続きを見る

投稿者: 苅田 匠

ACTIVITIES

9/162022

五色ヶ原~読売新道 贅沢トリップ

今回の夏休みは連休の真ん中に所用があったため、連続で山に行ける日数は最大でも予備日を1日含めた5日間。コロナ以降、山中泊からは遠ざかってしまっていたので体力に不安もあり、テント装備を担いでの長時間行動は避けたいし、ソロ活動なので車の回送なしで気軽に行ける場所が良い。そう思いながら行先を検討している際、ふと読売新道が頭に浮かんだ。奥黒部ヒュッテのある東沢出合のテント場に荷物をデポすれば、ファストハイクで赤牛岳を経由して水晶岳まで行って戻ってこられるのでは?それなら扇沢発着で行動できるし、ちょうどその稜線には以前から魅力を感じていたものの、まだ足を運んだことがなかった。

■アクティビティ日 2022年8月6日~9日...

続きを見る

投稿者: 畑本  恵里

ACTIVITIES

9/122022

ナルミズの洗礼(東黒沢~ナルミズ沢~朝日岳)

中山・田中は、お酒と山をこよなく愛する居酒屋山行コンビ。

2022年の夏はうだるような暑さだった。
猛暑の関西を飛び出して、水と遊ぼう。沢だ!沢!

天気の具合とにらめっこして、中山が提案してくれたのは谷川連峰の名渓「ナルミズ沢」。
万年沢2級コンビの我々でも楽しめそうである。

せっかくだから、つめ後の稜線歩きも計画に入れて、白毛門登山口から東黒沢へ入渓し、ナルミズ沢へ進む周回ルートをチョイス。
2人とも谷川連峰は初めてだ。初見の山へ向かう時はいつも心がワクワクする。
はやる気持ちを抑えつつ、いざ、谷川へ!
...

続きを見る

投稿者: 中山喜久子/田中由希子

ACTIVITIES

9/72022

日本海シーカヤック島渡り

シーカヤックでの海外遠征に情熱を傾けてきた3人が集まり、国内トレーニングと銘打って津軽海峡を舞台に渡島大島、奥尻島と漕ぎ渡ったのが2年前。今年はどこを漕ごうかと同じメンバーで連絡を取り合い、決まったのが石川県の能登半島から佐渡ヶ島、粟島、飛島を経て秋田県の男鹿半島へと島伝いに漕ぎ渡る400kmを超えるロングルート。そして出発前に決めたルールが2つ。ナビゲーションにGPSを使わないこと、気象予測にインターネットを使わないことだ。
どうせやるならやりがいがある方が良いに決まっている。予備日もたっぷりとって20日間の旅に出た。

コース概要:能登半島~佐渡ヶ島~粟島~飛島~男鹿半島

■アクティビティ日:2022年6月6日~2022年6月25日...

続きを見る

投稿者: 小谷田 将大

ACTIVITIES

8/222022

2022夏の遊び記録ダイジェスト

今年の夏休みは皆さんどう過ごされたでしょうか?
finetrackスタッフはもちろんアウトドアアクティビティへ!
天候が不安定で行き先に悩んだスタッフもいたようですが、天気を味方につけ楽しんだスタッフ達の様子をピックアップしてお届けいたします。...

続きを見る

投稿者: finetrackスタッフ

ACTIVITIES

7/72022

「着る以外の使い方。お守りとして持ちたい緊急時のエマージェンシーウエア」vol.16 Hiker’s Depot オーナー 土屋智哉さん

土屋智哉さんは、“ウルトラライト(UL)ハイキング”を提案する山道具専門店「ハイカーズデポ」の名物オーナー。現在、ドライレイヤー®をエマージェンシーウエアとして提案できないか検討中とか。そこには、ULの考え方でドライレイヤー®を捉えると見えてくる、新しい使い方の気付きがありました。...
続きを見る

ACTIVITIES