ドライ、だから温かい ドライを重ねる 5レイヤリング

RUN&BIKE

木漏れ日差すトレイルを走る、未舗装路や砂利道をライドする。
自然のなかを走り抜けるのは楽しい。
ただスピードばかり求めていては、
見逃してしまう自然の美しさや動物たちの息遣いがあります。
目をこらして、耳を澄まし、肌で感じることで、遊びはもっと広がります。

ときには、ランニングと釣りを掛け合わせたり、
自転車ツーリングでテント泊をしたりと、
自由な遊び方ができるのもRUN & BIKEの魅力のひとつです。

より快適に走り続けるため

推進力や快適さを生むのは、シューズや自転車のパーツなどのギアばかりではありません。不快な汗をスムーズに処理する、冷たい風をしっかり防ぐ、雨を防いでも蒸れない。そんな高機能ウエアで自身の身体の快適さをキープすることも大切です。

ランや自転車に必要な高機能と快適さを
より多くの方へ。

1

快適さが持続する高機能

スムーズな汗処理、防風性を備えながら蒸れは逃がす設計、行動を妨げない動きやすさや軽さなど、快適に走り続けるために必要な機能を備えています。

2

ほどよくフィットするシルエット

風によるバタつき、ランニング時の足さばき、ペダリングのしやすさなど、ストレスフリーな動きやすさを実現しながらも、ぴったりフィットし過ぎないシルエットで、着るシーンを選びません。

RUN & BIKE LINEUP

ドライレイヤー®ベーシック

優れた撥水性で濡れを肌から離し、肌をドライにキープするアンダーウエア。いつもの吸汗速乾ウエアの下に着るだけで、汗による冷えやベタつきなどを軽減。

スカイトレイル®

軽さと防風性を兼ね備えながらも蒸れにくく、快適な着心地のアクティブウエア。肌寒い時期のランニング・トレイルランニング、自転車に最適です。

汗などによる濡れで体力を無駄に消耗しないために

走っている間は爽快だった汗が、止まると次第に冷えてくる。乾いたウエア、乾いた肌なら耐えられる寒さも、汗でウエアや肌が濡れることで一気に身体が冷やされ、体力を消耗します。それは、水の熱伝導率は空気の約25倍といわれ、濡れることが、急激な体温低下をもたらす状況を作ってしまうからなのです。ファイントラックが提案するレイヤリングは、かき続ける汗を肌から遠ざけ、肌もウエアもドライに保つレイヤリングシステム。寒さに震えることなく、より快適に走り続けるためのウエアです。

汗冷えを軽減し、体力を守る

人は冷えを感じると、体温を維持するためにエネルギーを消費します。ドライレイヤー®は肌から汗を素早く遠ざけることで汗冷えを防ぎ、余計なエネルギー消費を防ぎます。

サーモグラフィー実験(当社試験データ)

[ 男性 ]

ドライレイヤー®着用なし
(L2ベースレイヤー単体着用)

L1ドライレイヤー®との
レイヤリング時

[ 女性 ]

一般的なスポーツブラ

ドライレイヤー®ブラ

多量の発汗、もしくは雨に濡れた時を想定して水で濡らした吸汗ウエア・スポーツブラを着用し、皮膚表面温度の変化を測定。ドライレイヤー®を着用していた場合は、着ていない場合と比べ、皮膚表面温度が全体的に高く体温低下を抑えられています。

ドライを重ねるレイヤリング

RUN
ランニング・トレイルランニング

スピードが早く、運動量も多いトレイルランニングは、汗処理をスムーズにしながらも、動きは妨げず、軽快に動けるレイヤリングが快適さを左右します。

BIKE
自転車

オールロードバイクなどの自転車は非常に発汗量の多いスポーツです。レイヤリングで発汗後も冷えにくく、快適さを維持できること、それはパフォーマンス向上にもつながるポイントです。

取扱店舗

RUN & BIKEのアイテムは商品知識が豊富なショップスタッフがいる専門店で。