最強の5レイヤリングとは

ブランドストーリー finetrackの軌跡

スタートは、
非常にシンプルな思いから。

金山洋太郎が国内屈指のアウトドアメーカーでの経験を経て「どこにもないまったく新しいモノを」という思いでスタートしたのがfinetrackです。

少年時代から登山一筋。死さえも覚悟するクライミングを幾度となくしてきた彼自身には、アウトドアスポーツへの情熱が人一倍ありました。そしてバックカントリースキー、MTB、カヤック、釣りなど、ジャンルごとに壁を作らず、それぞれを本気で遊ぶことも忘れない時間を過ごしてきました。
そんなアウトドアスポーツに造詣が深い金山は、同時に繊維のプロでもありました。日本の繊維界を築いてきた大阪の街で徹底的に鍛え上げられ、メーカーの開発セクションを統括するベテランの域に達してからは取引先の繊維メーカーの新人たちを逆に教育するというようなこともありました。

金山は自身の経験からフィールドで陥る可能性のある危機的状況、そしてそれを回避するための道具にはどのような機能が必要かを知っていました。アイデアは大胆かつ斬新なものでしたが一介のサラリーマンという立場では踏み込める領域に限界がありました。

「自分のアイデアで納得するものを創りたい」

その決意を固めてから、2年の構想を経て「遊び手が創り手」のビジネスモデルをつくりあげ、finetrackがスタート。2004年1月のことでした。

  1. 2004
    神戸の住宅地の一軒家でファイントラック創業。世界初となるドライレイヤー®の第1号を発表。
    新開発製品
    フラッドラッシュ®、フラッドラッシュ®スキン、ツエルト
  2. 2005
    レイヤリングの新しい概念となる、ミッドシェル®を提案し、5レイヤリング®を確立。天然素材とポリエステルを融合したハイブリッド繊維の開発に成功。
    新開発製品
    スパイルフィル、ドラウトセンサー®、ブリーズラップ™、フライングシェード4、フローティングロープ
  3. 2006
    撥水ウエアをレイヤリングに取り入れる概念を定着させる、ドライレイヤー®の改良型を開発。
    新開発製品
    フラッドラッシュ®スキンメッシュ、ストームゴージュパンツ、パドルグローブ、ロゴキャップ
  4. 2007
    兵庫県から経営革新企業に認定(経営革新計画承認)。定番ベストセラーとなる耐久撥水ストレッチアウトドアパンツを開発。
    新開発製品
    ラミースピン®、ストームゴージュアルパインパンツ
  5. 2008
    ウールとポリエステルのハイブリッド系をソックスに応用。
    新開発製品
    スパイルフィル™ソックス
  6. 2009
    5レイヤリングをソックスに応用した、ドライレイヤー®ソックス発売。
    新開発製品
    ドラウトベント™、ニュウモラップ®、フラッドラッシュ®スキンメッシュソックス
  7. 2010
    社屋を神戸駅前に移転。ドライレイヤー®の新シリーズ、フラッドラッシュ®アクティブスキンを新開発。汚れも皮脂も取れるナノタオル®を発売。
    新開発製品
    フラッドラッシュ®アクティブスキン、ドラウトエア®、ドラウトクロー、メリノスピン®サーモ、ポットラック™、ナノタオル®
  8. 2011
    ファイントラック独自の防水透湿素材、エバーブレス®メンブレンを新開発し、L5アウターシェルを発売。ドライレイヤー3番目のシリーズとなるパワーメッシュが加わる。グローブにもレイヤリングを提案。
    新開発製品
    エバーブレス®バリオ、メリノスピン®ライト、グローブシリーズ、パワーメッシュ
  9. 2012
    異次元ストレッチレインウエア、厳冬期アウターシェルを新開発。インシュレーションの開発に着手。
    新開発製品
    エバーブレス®フォトン、エバーブレス®アルマ&シビロ、ドラウトソル®、フラッフジャケット、ラミースピン®クール、ラミースピン®ドライ、メリノスピン®ビーニー
  10. 2013
    世界初のシート状立体保温素材ファインポリゴン®を新開発。同素材のスリーピングバッグを発売。
    新開発製品
    ヴェロキラップ™、カミノパンツ、メリノスピン®ソックス、ポリゴンネスト®
  11. 2014
    ファインポリゴン®を使用した軽量コンパクトな保温ウエアを発表。
    新開発製品
    ラピッドラッシュ®ポリゴンウエア、ポリゴンアクセサリー、ソラノパンツ
  12. 2015
    ハイブリッドベースレイヤーシリーズにシルクが登場。
    新開発製品
    シルクスピン®コンフォ&ムーブ、スピアラップ®、クロノパンツ、ドラウトポリゴン3、エバーブレス®アクロ、ポリゴン4、スキンメッシュ®5本指ソックス
  13. 2016
    オールシーズン対応の本格的な山岳テントを発売。グローブの国内生産化に着手。
    新開発製品
    カミナドーム、ドラウト™フォース、ドラウト™ソニック、ラピッドラッシュ®グローブ、エバーブレス®トレイルグローブ

The tale of finetrack

Everything started with a simple idea.

On the heels of his experience with one of Japan’s leading outdoor manufacturers, Yotaro Kanayama came upon the idea that marked the beginning of finetrack: To create products that were completely new.

From early childhood, Kanayama was interested in mountain climbing. For Kanayama—who decided that his passion for mountain climbing was worth the potential risk of death—the enthusiasm for being outdoors far exceeds that of the average person. Rather than treating each activity—from backcountry skiing to mountain biking, kayaking, and fishing—as a separate genre, Kanayama dedicated himself to enjoying them all equally and to their fullest.
And even as his knowledge of outdoor sports continued to grow, so did his experience as a professional in the textile industry. After years of training in Osaka, considered the forefront of Japan’s textile world, Kanayama rose to the rank of overseeing the entire development section of a textile manufacturing firm, working his way to become a trainer of the next generation.

His personal outdoor experiences taught him not only that a crisis situation is always waiting on the edges, but also what requirements the tools available must meet to avoid such situations from coming to pass. Filled with bold and innovative ideas, Kanayama came to the realization that, as a regular company employee, he was limited on exactly where he could bring those ideas to life.

The desire to create something pivotal from scratch

Filled with determination, Kanayama spent two years preparing a business model that focused on creating reliable products based on authentic experiences. From that model, in January of 2004, finetrack was born.

History

2004

Yotaro Kanayama establishes finetrack in a house in Kobe City’s residential area.
The first version of the DRY LAYER®—a world’s first water-repellent undergarment—is developed.

2005

The MID SHELL®, marking a new concept in layering, is developed, and 5LAYERING® technology is established.
A hybrid fiber combining natural materials and polyester is successfully developed.

2006

An improved version of the DRY LAYER®, bringing the concept of water-repellent clothing to layering, is developed.

2007

Obtained approval for a management innovation plan from Hyogo Prefecture.
Durable, water-repellent stretch outdoor pants, which later become one of finetrack’s bestselling standard products, are developed.

2008

A hybrid system of wool and polyester is applied to finetrack socks.

2009

DRY LAYER® socks are developed, bringing 5LAYERING technology to socks.

2010

The company relocates its offices to a building in front of Kobe Station.
FLOODRUSH® ACTIVE SKIN—a new DRY LAYER® series product—is developed. The NANOTOWEL®, capable of absorbing dirt and sebum, is developed.

2011

The EVERBREATH® membrane, made with proprietary finetrack waterproof breathable material, is developed.
The fifth layer—the OUTER SHELL—is developed. POWER MESH—the third version of the DRY LAYER—is developed. Layering technology is applied to gloves.

2012

Variable-direction stretchable rainwear and the winter OUTER SHELL are developed.
Development of insulated clothing begins at finetrack.

2013

FINEPOLYGON®—the world’s first sheet-shaped heat insulating material—is developed.
A sleeping bag adopting FINEPOLYGON® material is also developed.

2014

Lightweight, compact warming clothing using FINEPOLYGON® is developed.

2015

Silk is incorporated into the hybrid BASE LAYER.

2016

Professional-grade all-season tents are developed. Production of gloves in Japan begins.