ドライ、だから温かい ドライを重ねる 5レイヤリング
写真:エバーブレスレグンイメージ
写真:エバーブレスレグン商品イメージ

RENEWAL

タフで軽量な
マルチシェル

軽くて摩耗に強いマルチシェル。軽量コンパクトなレインウエアとして、無雪期の登山はもちろん、アルパイン志向のハードユースや、トレイルラン、バイク、沢登りやウォータースポーツにも。

シーズン
  • 春・夏・秋
アクティビティ 登山/ファストハイク/自転車/トレイルランニング/沢登り/クライミング
EVER BREATH 3D
異次元ストレッチ

特長features

写真:エバーブレスレグン男女着用イメージ

超軽量コンパクト

ジャケットで250g(メンズMサイズ)と非常に軽量で、コンパクトに収納可能。

コンパクトに収納されたエバーブレスレグン

ハードユースにも耐える仕様

本体生地は、表地30デニールの66ナイロンの摩耗に強いタフな生地。加水分解がおきにくく、耐久性の高いシームテープ。またフード収納フックパーツには柔軟で破損しにくいオリジナルパーツを新たに製作。生地から細部のディテールにいたるまで、一般登山から沢登り、アルパインクライミング等のハードユースにも対応し、マルチに活躍します。

生地摩耗強度試験(当社試験データ)

図:生地摩耗強度試験結果グラフ

研磨紙に一定数の加重をかけて生地を摩擦し、破れが生じるまでの平均摩耗回数を測った。エバーブレス®レグンは360回の摩耗まで耐えており、他の防水透湿生地と比較して非常に摩耗強度が高いことが分かる。
■ユニバーサル形法(A法)・JIS L1096:2010・加重:4.45N・研磨紙:P400c-cw(粗目)

水切れがよく、濡れても重たくなりにくい

本体に使用したエバーブレス®3D生地の裏面には特殊2.5レイヤー構造の3Dドットを配しています。水切れがよいため濡れても重たくなりにくく、沢登りなどのウォーターアクティビティでも積極的に着用できます。

耐雨性試験(当社試験データ)

図:耐雨性試験結果グラフ

円筒容器に生地試料をかぶせて、降雨試験機にて上から雨(降雨量40~60mm)をあて、1時間ごとに取り出し、生地試料の重量を測定した(8hまで)。生地試料の重量は、試料についた水滴はふき取ってから測定。エバーブレス®レグンは含水量が0.1g以下と、他の防水透湿生地と比較して水を含みにくいことが分かった。
■円筒容器:8.7cm直径・生地試料:15×15cm

異次元の動きやすさ

ヨコストレッチ124%の異次元のストレッチ性をもつ独自の防水透湿素材「エバーブレス®3D」を採用。

動きやすさにこだわったパターン

リニューアルに伴い、肩や肘・膝周りなどの各部位のパターンを刷新。フィールドテストを繰り返すことで行動時や登攀時の腕上げ・足上げなど大きな動きに追従する形に。ずり上がりや突っ張りを抑え、異次元ストレッチとの相乗効果でさらに動きやすくなりました。

クライミングヘルメットに対応したフード

アルパインクライミングや沢登りで便利なサイズのクライミングヘルメット対応フード。
また、顔周りから頭囲に沿ってフィットさせるサイズのアジャスト機能で、自由なサイズ調節が可能。

簡易的にフードをまとめられる収納システム

ウィンドブレーカーとして使用する際や、自転車での風によるフードのバタつき、泳ぎの沢登りなどに便利な簡易的にフードをまとめられる収納システム。

着用イメージ

MEN'S

WOMEN'S

POINT ここに注目!

ジャケット

リンクベント

リンクベント®

衣服内の蒸れを一気に解放できるリンクベント®を装備

フロントポケット

フロントポケット

大型ポケット(左胸に1つ)を装備

チンガード

チンガード

あご先にスライダーが当たりにくいチンガード

ベルクロ

ベルクロ

フィット感を調整する袖口のベルクロ

パンツ

リンクベント

サイドファスナー

靴を履いたまま着脱を容易にするサイドファスナー(太股まで引き上げ可能)

前立て

リンクベント®

サイドファスナーは上下から開放が可能なので、蒸れを解放するリンクベント®としても機能

こだわりの素材material

エバーブレス3Dロゴ

エバーブレス®3D

特殊2.5レイヤー構造の防水透湿生地。エバーブレス®コーティングの裏面に特殊な配合で立体化した3Dドットを配しています。3レイヤー構造に比べて軽くコンパクトになりながらも、十分な強度も備えます。ヨコストレッチ124%。

エバーブレス®をもっと知る
特殊2.5レイヤー構造のエバーブレス3D 概念図

ポリカーボネート系シームテープ

シームテープの防水膜部分にポリカーボネート系ポリウレタンを使用した新開発のシームテープを採用しました。一般的なポリウレタン膜のシームテープと比較して、加水分解による劣化がおきにくく、シームテープからの水漏れを長期間防ぎます(※)

(※)生地にシームテープを貼り、皮脂に見立てたオレイン酸を塗布し、劣化を促進させる過酷な環境試験(湿度95%、室温70℃:ジャングル試験)をしたのち、水漏れ試験を行った。新しく採用したポリカーボネート系ポリウレタンのシームテープは10週間以上経過しても水漏れは確認されず、高い耐久性を確認。

写真:エバーブレスレグンの内側に使用されているポリカーボネート系シームテープ

 L5:アウターシェル/パンツに戻る