最強の5レイヤリングとは
ストレスフリーの装着感

特長features

登山時のレイングローブとして

独自開発の防水透湿素材「エバーブレス®」を本体生地に採用。さらに手首カフ部分には、フィット感を増すウォーターウエアシリーズの「ラピッドラッシュ®」生地を配し、わずかな隙間からの雨の浸入にも備えたレイングローブです。

優れたストレッチ性とフィット感

操作性に優れ、ストレスの少ない装着感が特長です。また、単体着用だけでなく、薄手のライナーを中に着用できる程度のサイジングで、雨天山行に使用できます。

タッチパネル対応

スマートフォンなどの操作に便利なタッチパネル対応。

※単体着用のとき

写真:エバーブレストレイルグローブを装着して、スマートフォンを操作するイメージ

レイヤリング仕様で対応温度域拡大

別売りのエバーブレス®アルパイン/スノーグローブやパワーメッシュインナーグローブをレイヤリングすることで対応温度域が拡がります。

POINT ここに注目!

表地の優れた撥水性

表地の優れた撥水性

指の形に合わせたテクニカル縫製

指の形に合わせたテクニカル縫製

パーム部分と指先に濡れても滑りにくいハイグリップ素材を採用

パーム部分と指先に濡れても滑りにくいハイグリップ素材を採用

フィット感に優れるカフ部分

フィット感に優れるカフ部分

タッチパネル対応の指先 (単体着用のとき)

タッチパネル対応の指先 (単体着用のとき)

商品のラインナップへ 

こだわりの素材material

エバーブレスロゴ

機能を長期間維持する次世代防水透湿メンブレン

エバーブレス®はポリカーボネート系ポリウレタンの多孔質膜を採用し、最高レベルの防水透湿性と耐久性を兼ね備えた全く新しいオリジナル防水透湿素材です。加水分解による劣化スピードが極めて遅く、高い性能を長く維持できるのが特長です。

紫外線や、風雨、高温多湿にさらされる過酷な環境下に連続してさらし、耐水圧の推移を計測。エバーブレス®の性能低下は緩やかで480時間後でもほとんど変わらない状態を維持。(実着用による性能低下の度合いを示すものではありません)

防水耐久性テスト(当社試験データ)

防水耐久性テストグラフ

持続する透湿性

「実着用における実感」を重視した透湿性は最高レベルの数値を備え、雨などで濡れても高い透湿性を維持します。さらに運動量が多いときにこもる熱気は、リンクベント®を開放することで、瞬時に排出できます。

※エバーブレス®透湿性:10,000g/m2・24hr(A-1法)

エバーブレス®は湿潤時でも、乾燥時の透湿性を約83%も維持するが、一般的な防水透湿素材では約20%しか維持しない。このことから、エバーブレス®は水に濡れた状態でも優れた透湿性能を発揮することを証明。
※熱板(疑似体温)の上に、濡れた濾紙を置き、その上に試験サンプルを載せて濾紙の重量変化を測定。

濡れた状態の透湿性能維持テスト(当社試験データ)

濡れた状態の透湿性能維持テストグラフ

開発の背景background

日本でのモノ創りをすべての製品で実現

忸怩たる思いの海外生産

ファイントラックは、「日本でモノ創り」という、創業当時から変わらない想いを強く持っています。しかし、グローブの生産だけは、国内に技術者がほとんど残っていないことに加え、コスト面の調整が難しく、忸怩たる想いを心に、海外の工場に縫製をお願いしていました。

世界トップの生産地が日本に

そんな折に、私たちは香川県にある小さな縫製工場に出会います。そこは明治時代から手袋製造を始め、一時は世界トップの生産量を誇った地域でした。その確かな技術を受け継ぐ工場と私たちは、納得のゆくグローブを仕上げるために二人三脚で試行錯誤を重ね、共に歩んでいける道を描けるようになったのです。

一双一双、丁寧に人の手で縫製されるグローブ

一双一双、丁寧に人の手で縫製されるグローブ

度重なる試練を克服し、ようやく国内生産を実現

まず2016年春夏に薄手のグローブ(エバーブレス®トレイルグローブ、ラピッドラッシュ®グローブ)から、国内でのモノ創りを実現。丁寧な縫製技術を持つメーカーからのフィードバックは、品質を高めるための、まさに私たちが求めていた声でした。残る課題は、縫製環境が途絶えてしまっていた厚手のアウターグローブです。グローブメーカーと共に、二人三脚で実現させていくという信頼関係を強め、職人を増強し、同時に資材を確保。厚手のグローブを縫製できる環境を徐々に整え、2017年秋冬、念願だった厚手アウターグローブの縫製環境を整えることが叶いました。
足掛け3年の道のりでしたが、グローブメーカーと直接向き合い議論しながら行ったフィット感の調整や、問屋に直接足を運んで行った革素材の選定など、お互いの顔が見える国内環境だったからこそ実現できたことです。完成したメイドインジャパンのアウターグローブのフィット感と操作性を是非実感してみてください。日本の技術を絶やさないという情熱の温もりを感じてもらえるはずです。

一完成度を高めるために繰り返す打ち合わせ/グローブのパーツを抜くための金型

左/完成度を高めるために繰り返す打ち合わせ
右/グローブのパーツを抜くための金型

Unisex item lineup

  • RENEWAL9月3日発売開始予定!

 グローブ/グローブレイヤリングに戻る