DRY LAYERING ドライを重ねる 5レイヤリング

ドラウト®クアッド for WOMEN DROUGHT® QUAD for WOMEN

写真:ドラウトクアッドWOMEN'Sモデルイメージ
写真:ドラウトクアッドWOMEN'S商品イメージ

機能バランスに優れた
オールラウンダー

「吸汗性」「速乾性」「強度」「通気性」。
春夏シーズンのベースレイヤーに求められる4つの機能を高い次元で備えるドラウト®クアッドは、バランスの良さから、あらゆるシーンで行動を快適にする定番アイテムです。
登山を中心に、春から秋まで幅広いアクティビティに活用いただけます。

シーズン
  • 春~秋
アクティビティ 登山全般
  • 吸汗
    拡散
  • 半永久
    吸水
  • 速乾
  • 抗菌
    防臭
  • UV
    カット
  • NEWロングスリーブ:3月上旬~発売予定!
  • NEWジップネック:3月中旬~発売予定!
  • NEWジップT:4月上旬~発売予定!
ドラウトクアッド 全国の取扱店舗にて販売中!

特長feature

ドラウトクアッド着用イメージ

多量の汗を
素早く乾かす
[吸汗性]と[速乾性]

かいた汗を積極的に吸い上げ、速く乾かします。春夏のフィールドでたくさん汗をかいてしまっても、濡れたベースレイヤーが速く乾くことで、汗によるヒンヤリ感やべたつきを軽減できます。

速乾性を叶える
優れた拡散力

凹凸のある肌面で吸い上げた汗が中間層を抜けて外側の層へ一気に広がる独自開発の3層ドラウト®構造の生地を採用。これにより素早く汗を乾かすことが叶います。さらに繊維の表面を改質させることで親水性の性質に変化させた非常に特殊なポリエステル繊維により、吸水機能が半永久的に持続します。

ドラウトクアッド着用イメージ

春山~夏のアルプス
に最適な[通気性]

やや薄手の生地厚に加えて、独自の編み構造から生まれる優れた通気性を備えます。素早い汗処理との相乗効果により、夏の暑い時期でも蒸れにくく快適な衣服内環境を保つことが可能です。

ドラウトクアッド生地イメージ

引っ掛かりの
起こりにくい
生地表面の[強度]

薄手な軽量生地でありながら、繊維を密に編み上げ、引っ掛かりが起こりにくい生地に仕上げています。

繊維と組織の工夫により十分な耐スナッグ性を獲得

耐スナッグ性試験D-3法4級(当社試験データ JIS L 1058 D-3法)
伸びる性質のあるPBTポリエステルを交編することで組織を密に編みあげ、加えて、生地表面を平滑にすることで、枝などとの引っ掛かりを軽減。耐摩耗試験の中でも厳しい条件のD-3法(金鋸法)で、4級という評価を獲得しました(MAX5級)。

閉じる
ドラウトクアッド着用イメージ

ニオイにくく、
長期の山行でも快適

抗菌防臭加工やUVカットで長期の屋外行動も快適です。

菌の抑制率99.9%以上

生地に施された抗菌防臭加工によって、汗のニオイのもととなる菌の発生・増殖を99.9%以上※抑えます。発汗の多いアクティビティや夏季の縦走登山での連日着用でもニオイを抑え、快適な着心地が持続します。

※全ての菌を抑制するわけではありません。

有害なUVをカット

UVカット糸を採用することで、紫外線を防ぎ、炎天下でも快適です。

着用イメージwearing

WOMEN'S

POINT ここに注目!

脇下のマチ

腕上げ性能を高める脇下のマチ

スタンダードカラー

日焼けを防ぐスタンドカラー

チンガード

あご先にスライダーが当たりにくいスマートなチンガード付き

ロゴ

本体生地にカラーマッチしたロゴ使い

サイドの切り替えし

胴周りをスッキリ見せるサイドの切り替えし

開発の背景background

長く快適に使える4つの機能バランスを追求した
「ドラウト®クアッド」

写真:ドラウトクアッドイメージ

春夏に使い倒せるベースレイヤーが欲しい!

いかなるアクティビティでも常に着続けるベースレイヤー。秋冬と異なり、春夏のアクティビティでは、単に日常的に着るTシャツなどと同じ感覚で選ぶ人もいらっしゃるかもしれませんが、アウトドアで快適に過ごすためにはやはりベースレイヤーの機能性は欠かせません。

しかし一言で“春夏”と言っても、残雪から夏山の登山、アルパインクライミング、ラン、自転車などなど、春夏の遊びは多岐にわたります。もちろん、気候などの環境もさまざま。そんな春夏のあらゆる環境下に幅広く対応できる1着を求めて開発したのがドラウト®クアッドです。

果たしてどんな1着ならオールラウンドに使えるのか?
ファイントラックが春夏のベースレイヤーに求める主な機能は4つです。

吸汗/強度/通気/速乾
  • 1. 汗のベタツキを抑えるための吸汗性
  • 2. 濡れ冷えを防ぐための速乾性
  • 3. 岩稜帯や藪漕ぎにも安心の生地の強さ
  • 4. 樹林帯で蒸れず、稜線で寒すぎない通気性

例えば盛夏に日帰りで低山に行くなら、薄さや凉しさに特化したものが快適です。しかし何日かかけて北アルプスを縦走するとすれば、時期に関わらず暑い時もあれば寒い時もあり、ルート上には藪があれば岩稜帯もあります。そのいずれの環境にも適応するために大切なのは、上記4つのどれか1つが飛びぬけたのではなく、どれもバランスよく備えること。そして、活躍シーンがいくら増えても良いように、長く快適に使えることではないでしょうか。

だからドラウト®クアッドの開発では、そういったバランスの良さと長く使えることを追求しました。

続きはfun to trackにてご覧いただけます!


 L2:ベースレイヤーに戻る