ドライ、だから温かい ドライを叶えるメカニズムを解説 5レイヤリング
雪山をアクティブに遊ぶ人のための行動保温着
シーズン
  • 冬・厳冬期
  • NEWMEN'S フーディ 9月10日、ジャケット9月下旬 発売予定!
  • NEWWOMEN'S フーディ 9月10日、ジャケット10月中旬 発売予定!

特長features

雪山をアクティブに遊ぶために、ポリゴンアクトが良い理由

行動中の汗を素早くドライに処理

汗をかいた後もウエア内を素早くドライに導くため、ストップ&ゴーの激しい雪山で着用したまま快適に行動できます。

図:行動中の衣類内湿度の変化をポリゴンアクトと一般的なアクティブインシュレーションで比較した結果。激しい発汗後にウエアがドライになるまでの時間がポリゴンアクトの方が約3.5倍速い!

運動中の激しい発汗状態を人工的に作成(発汗シュミレーター)し、衣服内の湿度を経時的に測定した。20分間、激しい発汗をしたのち、ゆるい発汗を継続させたところ、ポリゴンアクトは衣服内湿度が上がった後、一般的なアクティブインシュレーションよりも約3.5倍速く快適値(約60%)まで低下した。※激しい発汗後、衣類内湿度が60%以下になるまでの時間から算出。(当社試験データ)

ポリゴンアクトの
汗処理メカニズム

独自開発のシート状立体保温素材「ファインポリゴン®」と、最適な表地・裏地の組合わせで、ウエア内部から素早く汗を排出します。液体の汗を速やかに吸汗拡散して、気体にして蒸散する汗処理をスムーズに行うため、熱くなりがちな行動中も、快適なウエア内環境を保ちます。

ファインポリゴン®
吸汗拡散する裏地

冬期・厳冬期に対応する温かさ

写真:ポリゴンアクト着用イメージ

濡れても保温力が低下しにくいシート状立体保温材ファインポリゴン®を3枚封入し、厳冬期を含む冬期登山でアクティブに遊ぶ人をサポートする信頼の温かさです。

特集、ファインポリゴン、世界初の新素材生まれたワケ、詳しい機能がもっとわかる!

ファインポリゴン®の特長

  • 保水しにくい!
  • 乾きやすい!
  • 濡れてもロフトが落ちにくい!

軽量かつ動きやすい

表地に軽量なストレッチ布帛(織物)生地を採用。身体の動きにフィットする立体パターンによって、動きやすさと着心地の軽さを両立しています。

臭くなりにくい

抗菌防臭

裏地には抗菌防臭加工を施し、ファインポリゴン®の保水しにくさと相まって、多量の汗をかいた後や連泊の山行でも臭いを抑え、快適な行動を支えます。

各地のフィールドからこんな声が届きました
こんなシーンで嬉しい!ポリゴンアクト

汗や雪で濡れてもすぐに乾く!

藤本巧佑様

藤本 巧佑

WEST三条店 スタッフ

越後駒ケ岳バックカントリースキーにて着用

ハイペースで行動して汗をかいても、いつの間にかウエア内部がサラリと乾いています。さらに保温素材のファインポリゴン®は濡れてもロフトがへたりにくく、発汗後も十分な温かさを保ってくれます。

丹羽薫様

丹羽 薫

トレイルランナー・マルチアクティビティプレイヤー

鈴鹿山脈全山縦走

トレイルランにて着用。
夜間の休憩時などに汗で濡れたウエアの上に羽織っても温かく、再出発するころには下に着たウエアもかなりドライになっているので寒さに震えることがありませんでした。

ムレにくい!

綾井瞭様

綾井 瞭

エルク スタッフ

南アルプス北岳登山にて着用

林道歩き、樹林帯のハイクアップ、そして強風の雪稜とすべての場面で着用してみた結果、ポリゴンアクトを脱いだのは林道歩き中だけでした。ムレないので山に取り付けばずっと着ていられます!

國本伶皇様

國本 伶皇

秀岳荘白石店 スタッフ

ニセコ連峰バックカントリースキーにて着用

急登のハイクアップから滑走、登り返してまた滑走…。そんなBCスキーでもずっと着ていられます。いつもならシェルを脱がないとムレムレになってしまう登り返しでも裏地の吸汗性の効果で快適でした。

動きやすい!

小山田隆博様

小山田 隆博

好日山荘サッポロファクトリー店 スタッフ

定山渓バリエーション登攀にて着用

しっかりとした保温性と適度な通気性で、山でのウエアの着脱を減らせます。ストレッチ性も申し分なく、クライミングに集中できました。

POINT ここに注目!

共通

耐久撥水性

表地には多少の雪や雨を弾く耐久撥水性

裏地

裏地は半永久吸水のメッシュ生地

立体デザイン

立体デザインで動きやすさと抜群のフィット感を実現

リンクベント

効率的な換気が可能なリンクベント®を装備

ドローコード付き

裾の調整可能なドローコード付き

フーディ

アジャスター付き

フィット感の調節可能なアジャスター付き

胸ポケット1か所、左右のハンドポケット

胸ポケット1か所、左右のハンドポケット

ジャケット

胸ポケット1か所

胸ポケット1か所

開発の背景background

雪山を快適にする保温着とは?

冬期・厳冬期のアクティビティは、行動中と停止中の体感温度の差が激しいもの。肌寒さを感じて着用したミッドレイヤー(行動用保温着)は、ちょっとした行動で暑くストレスに感じてしまうことが多く、さらに、汗がなかなか乾かずに身体を冷やしてしまう原因にもなります。

しかしそれでも、冬期・厳冬期の山では保温着が欠かせません。だからこそ、着用による不快感やリスクを軽減しながら、着ていることすら忘れるほどストレスのないミッドレイヤーがあれば、雪山はもっと快適で安全なものになるでしょう。

ポリゴンアクト着用シーンイメージ

ファイントラックのミッドレイヤーが有する3つの機能

「ポリゴンアクト」は、保温性だけでなく、通気性と吸汗蒸散性を備え、温かく快適に着続けられる行動用ミッドレイヤーとして登場しました。ファイントラックのすべてのミッドレイヤーには、この3つの機能が標準的に備わっていますが、中わた素材を使用した一般的な中間保温着に、汗処理機能を備えている製品はほとんどありません。吸汗性と蒸散性を備えてしっかり汗処理する快適さの追求は、ファイントラックならではのこだわりなのです。 「ポリゴンアクト」の開発では、従来品であるドラウト®ポリゴン3をベースにし、専用の生地開発により引き出す汗処理性能のさらなる向上にチャレンジしています。

関連情報topics

ドライ、だから温かい

 L3:ミッドレイヤーに戻る