最強の5レイヤリングとは

ドライレイヤリング ~DRYLAYER® × BASELAYER~

ドライな肌環境が体温を守る

ドライレイヤリングは、
ドライレイヤー®ベースレイヤーの相乗効果によって、
肌のドライ感を最大限に引き出すレイヤリングシステム。

図:ドライレイヤーの上にベースレイヤーをレイヤリングした時の吸汗拡散のイメージ

ドライレイヤー®が汗を肌から素早く離し、ベースレイヤーが積極的に吸い上げて拡散。
かいた汗を素早く乾かし、肌環境をドライに保つことで、汗冷えや低体温症のリスクを抑えます。

肌をドライに保つ=体温低下が抑えらえる

<サーモグラフィー試験が示す体温変化>

L1ドライレイヤー®着用なし

写真:サーモグラフィによる体温変化の様子

L1ドライレイヤー®とのレイヤリング時

写真:サーモグラフィによる体温変化の様子

大量の汗でウエアがびしょ濡れになった状態を想定し、L2ベースレイヤーを湿潤状態にし、次の2つの着用条件のもと、それぞれ20分間着用し、その後の体温変化の違いを測定した。

【A】L1ドライレイヤー®着用なしの場合(L2ベースレイヤー単体着用)
【B】L1ドライレイヤー®とのレイヤリング時

【A】のL1ドライレイヤー®を着用せず、濡れたL2ベースレイヤーの単体着用時では、直接濡れたウエアが肌に接しているため、体幹部分を除いて均一に低温を示す青色の割合が高くなっている。
対して、【B】のL1ドライレイヤー®とのレイヤリング時では、L2単体着用時よりも体幹付近の温度が高い面積が広く、首筋から肩にかけても体温低下を抑えられている。
ドライレイヤー®を着用していた場合は、着ていない場合と比べ皮膚表面温度が高く、体温低下が抑えられている。

【実験環境】室温20℃/着用時間:20分/被験者20代男性/測定部位:背中

ドライを引き出す「ドライレイヤリング」の仕組み

撥水(L1)×汗の吸い上げ(L2)=ドライ感 概念図

汗が発生

毛羽がきっかけとなり汗の吸い上げが始まる

汗を吸い上げると同時に素早く拡散させる

L1ドライレイヤー®の優れた撥水性によって肌から離れた汗は、上に着ているL2ベースレイヤーに吸い上げられて、乾いていきます。このとき、L1ドライレイヤーが離した汗の「吸い上げ」がスムーズであればあるほど、肌に汗が残らず、ドライ感が高まります。

最大限のドライ感は、撥水力×汗をぐんぐん吸い上げる力の相乗効果によってもたらされます。
それぞれの役割は違うけれど、合わさって真価を発揮する。これがドライレイヤリングの効果です。

ドライレイヤリングのポイントは ベースレイヤー選び!

優れた吸汗速乾性、程よくフィットしたサイズ感、山行やスタイルに合わせたドライ×αを

finetrackの ベースレイヤーは、 × の相乗効果を
最大限発揮する ドライレイヤー®専用設計!

※動画中の「保温性約50%up」は、L1ドライレイヤー®+L2メリノスピン®のレイヤリング着用時と、L2メリノスピン®単体着用時のclo値比較(当社試験)

秋冬のドライレイヤリング

01.ドライ × 汗処理

汗をかきやすい運動量の多いアクティビティに

秋山登山やBCスキー、トレイルランニングなど汗をかきやすいアクティビティに最適なドライレイヤリング。薄手でしなやかなストレッチ性を備えるメリノスピン®ライトは、動いても暑くなりすぎず、スキンメッシュ®とレイヤリングすることで、さらに汗処理性能を向上。ドライな着心地と程良い温かさが、より行動をアクティブにします。

写真:スキンメッシュ+メリノスピンライトの着用イメージ
スキンメッシュ®ロングスリーブ

レイヤリングの常識を変えたドライレイヤー®の定番、スキンメッシュ®。シーズンやアクティビティを選ばず、オールラウンドに使えます。

メリノスピン®ライト ジップネック

メリノウールならではの優れた保温性と調湿性によって、薄手ながらも快適な温かさと着心地を備えます。秋山登山や長期山行、トレイルランニングなど運動量の多いアクティビティに適しています。

02.ドライ × 保温

厳しい寒さの中でこそ肌で感じる確かな保温性

厳冬期のアイスクライミングや雪山登山など厳しい寒さを伴うアクティビティに最適な最も保温力を発揮するドライレイヤリング。スキンメッシュ®に比べ1.5倍の保温性を備えるドライレイヤー®ウォームが、併せるメリノスピン®サーモの保温性をさらに向上させます。凍てつく雪山での行動中も、安心を高める温かさです。

写真:ドライレイヤーウォーム+メリノスピンサーモの着用イメージ
ドライレイヤー®ウォーム ロングスリーブ

旧アクティブスキン®を生地から再設計! 保温性と着心地の向上、さらに抗菌防臭性を付加し、寒い時期の登山やウォータースポーツをより快適にサポートします。

メリノスピン®サーモ フーディ

優れた吸汗拡散性とウール本来の調湿機能。ファイントラックベースレイヤーの中で最高の保温力を誇る、冬のアクティビティの快適さを追求したベースレイヤーです。

データで見る
秋冬のドライレイヤリング効果

ドライレイヤー®ウォーム
 × 
メリノスピン®サーモ

消費熱量 約20% DOWN

保温性 約50% UP

※1 L2ベースレイヤー単体とL1ドライレイヤー®を重ね合わせた状態でそれぞれ肌側の消費熱量を測定
※2 サーモラボⅡ型試験機により、固有clo値を測定

春夏のドライレイヤリング

01.ドライ×マルチ

かいた汗をどんどん乾かす

汗処理能力が最もスムーズで素早いドライレイヤリング。これなら間違いない。そう言えるほど、ドライ感・通気性・軽さ・タフさのバランスも良く、春から秋にかけて様々なアクティビティで活躍するオールラウンダーです。

写真:ドライレイヤー+ドラウトフォースの着用イメージ
スキンメッシュ®T

レイヤリングの常識を変えたドライレイヤー®の定番、スキンメッシュ®。シーズンやアクティビティを選ばず、オールラウンドに使えます。

ドラウト®フォース ジップネック

L2ベースレイヤーシリーズのなかで群を抜く吸汗蒸散性を備えたポリエステル100%のベースレイヤー。強度と軽量性とのバランスに優れ、3シーズン、幅広いアクティビティで活用できるオールラウンドな一枚です。

02.ドライ×軽量

身体が求める軽さと涼しさ

夏山は登りのつらさだけではなく、気温や湿度、照りつける太陽といったさまざまな暑さの方が堪えたりします。少しでも軽快に涼しく歩きたい。最も軽く、通気性と吸放湿性が相まった涼しさを得られるドライレイヤリングです。

写真:ドライレイヤー+ドラウトゼファーの着用イメージ
スキンメッシュ®T

レイヤリングの常識を変えたドライレイヤー®の定番、スキンメッシュ®。シーズンやアクティビティを選ばず、オールラウンドに使えます。

ドラウト®ゼファー

優れた軽量性と通気性、さらに耐久性を兼ね備えた新開発の「吸汗する」ナイロンベースレイヤーです。アクティブな夏山を涼しさとタフさの両面でサポートします。

03.ドライ×タフ

岩との擦れは、もう気にしない

大キレットなどの岩稜帯登山やバリエーションルートアルパインクライミングなどでは、ドライ感だけでは目の前の難関に集中できません。ウエアのダメージを気にせずに、チャレンジすることができる攻めのドライレイヤリングです。

写真:ドライレイヤー+ドラウトタフの着用イメージ
スキンメッシュ®ロングスリーブ

レイヤリングの常識を変えたドライレイヤー®の定番、スキンメッシュ®。シーズンやアクティビティを選ばず、オールラウンドに使えます。

ドラウト®タフ

ナイロン繊維に最新技術を融合することで、吸汗速乾性能とタフさを両立!本格志向の登山エキスパートへ最適なベースレイヤーです。