最強の5レイヤリングとは

ドライレイヤリング ~DRYLAYER® × BASELAYER~

もっとドライに、もっと快適に

ドライレイヤリングで、新しいドライ体験。

ドライレイヤリングは、レイヤリング相乗効果によるドライ感を最大限引き出すレイヤリング方法。
L1ドライレイヤー®が汗を肌から素早く離し、ドライレイヤリングに適した構造設計のL2ベースレイヤーが積極的に吸い上げて拡散。かいた汗を素早く乾かします。

図:ドライレイヤーの上にベースレイヤーをレイヤリングした時の吸汗拡散のイメージ

ドライレイヤー®×ベースレイヤーの相乗効果とは

撥水(L1)×汗の吸い上げ(L2)=ドライ感 概念図

汗が発生

毛羽がきっかけとなり汗の吸い上げが始まる

汗を吸い上げると同時に素早く拡散させる

L1ドライレイヤー®の優れた撥水性によって肌から離れた汗は、上に着ているL2ベースレイヤーに吸い上げられて、乾いていきます。このとき、L1ドライレイヤーが離した汗の「吸い上げ」がスムーズであればあるほど、肌に汗が残らず、ドライ感が高まります。

最大限のドライ感は、撥水力×汗をぐんぐん吸い上げる力の相乗効果によってもたらされます。
それぞれの役割は違うけれど、合わさって真価を発揮する。これがドライレイヤリングの効果です。

ドライレイヤリングのポイントは ベースレイヤー選び!

L2ベースレイヤーにはそれぞれに特長的な機能を持たせているため、山行やスタイルに合わせて、ドライ感をさらに追求したり、ドライ感だけではなく軽さやタフさを求めたりすることもできます。
L1ドライレイヤー®とL2ドラウト®ベースレイヤーシリーズとのドライレイヤリングは、これまでにない新しいドライ体験です。

01.ドライ×マルチ

かいた汗をどんどん乾かす

汗処理能力が最もスムーズで素早いドライレイヤリング。これなら間違いない。そう言えるほど、ドライ感・通気性・軽さ・タフさのバランスも良く、春から秋にかけて様々なアクティビティで活躍するオールラウンダーです。

写真:ドライレイヤー+ドラウトフォースの着用イメージ
ドラウト®フォース ジップネック

L2ベースレイヤーシリーズのなかで群を抜く吸汗蒸散性を備えたポリエステル100%のベースレイヤー。強度と軽量性とのバランスに優れ、3シーズン、幅広いアクティビティで活用できるオールラウンドな一枚です。

02.ドライ×軽量

身体が求める軽さと涼しさ

夏山は登りのつらさだけではなく、気温や湿度、照りつける太陽といったさまざまな暑さの方が堪えたりします。少しでも軽快に涼しく歩きたい。最も軽く、通気性と吸放湿性が相まった涼しさを得られるドライレイヤリングです。

写真:ドライレイヤー+ドラウトゼファーの着用イメージ
ドラウト®ゼファー

優れた軽量性と通気性、さらに耐久性を兼ね備えた新開発の「吸汗する」ナイロンベースレイヤーです。アクティブな夏山を涼しさとタフさの両面でサポートします。

03.ドライ×タフ

岩との擦れは、もう気にしない

大キレットなどの岩稜帯登山やバリエーションルートアルパインクライミングなどでは、ドライ感だけでは目の前の難関に集中できません。ウエアのダメージを気にせずに、チャレンジすることができる攻めのドライレイヤリングです。

写真:ドライレイヤー+ドラウトタフの着用イメージ
ドラウト®タフ

ナイロン繊維に最新技術を融合することで、吸汗速乾性能とタフさを両立!本格志向の登山エキスパートへ最適なベースレイヤーです。