最強の5レイヤリングとは

Climb & Glide クライム&グライド

クライム&グライド イメージ

雪山の魅力

雪に覆われた森の静寂さや、白い峰々と青空の対比に息を呑む瞬間。
確かなスキルを持って挑むからこそ見える世界が、雪山にはあります。

そのフィールドを進むための手段は、縦走登山やスキーなど、さまざま。
知識や技術を練達させれば、使える手段は増え、楽しみはさらに広がります。

たとえば、落としたかった氷壁を登攀するとき、理想的な斜面を滑るとき。
一般的には、一方の道のりは単なるアプローチとなってしまいがち。
もし、複数の手段を組み合わせてみたら…?
それができれば、山で過ごす時間すべてを、より一層楽しめるのです。

クライム&グライドという遊び

スキーを担いでロープを結び、アックスを打ち込んで氷壁や岩壁を登る。
登攀を終えると登攀具をザックにしまい、スキーに履き替え斜面を滑って移動する。

そうすることで、アイスクライミングにしか突破できないような氷壁を越え、
スキーにしか到達できないような遠いポイントを目的地にすることができます。
Climb & Glideは、そんな登攀と滑降を組み合わせた独特な遊び。
それぞれの得意分野を組み合わせることで、冬山の楽しみは無限大になるのです。

ガイドブックに載っていない遊び方なので、自分でルート探しをしないといけません。
登攀と滑降のどちらの技術も持ち合わせないといけません。
そう考えるとClimb & Glideは熟練者にしか挑戦できない遊び。
ですが雪山に入る以上、正しい知識や技術を身に付けるのは、
すべての人にとって必要不可欠なことです。

知識を身に付け、技術を磨き、自らの挑戦を少しずつ深化させる。
雪山に入るための準備を一段階ずつ上がっていけばその先に、
遊びのひとつの選択肢としてClimb & Glideがあるのです。

Climb&Glide遊びの記録
雪山の安全知識を身に付ける

装備について考える

山の経験を積むとさまざまなリスクを知り、それに対応するために装備が増えていきます。ところが、より経験を積んでいくと、やがて装備の重量そのものをリスクと認識するように。

そこで考え始めるのは、
「何を引き算できるか」です。

Climb & Glideには、登攀道具と滑降道具が必要。荷物の重量は必然的に大きくなります。そうなると「装備の引き算」についても、よりシビアに考えないといけません。
自分の知識、経験とこれから挑戦するフィールドの条件を突き合わせ、自分が安全に行動できるギリギリのラインを狙い、ウエアとギアを軽量化していくのです。

エバーブレス®バリオ(Everbreath® Vario)、無駄を削ぎ落し、シンプルを極めた軽量アルパインシェル

雪山の厳しい環境下で使用するアウターシェルには、まず「フル装備」であることを求めます。でもそれは使用する環境や目的によっては「オーバースペック」だと感じることも。

だから、無くても多くの状況で妥協できる機能は、削る。
必要なディテールは邪魔になりにくいように配置する。
「装備の引き算」をするために選びたいのは、そんなアウターシェル。

エバーブレス®バリオは
「このシンプルさがちょうど良い」と判断できるエキスパートには
最高の機能ウエアになるはずです。

エバーブレス®バリオ

ジャケット
(本体価格)¥35,000+税
パンツ
(本体価格)¥28,000+税

雪山の安全知識を身に付ける Climb & Glide アカデミー

この冬、finetrackは雪山でのアクティビティに必要な知識を身に付けるための講習会「Climb&Glideアカデミー」を開催します。Climb&Glideという遊びをいつかやってみたいという人はもちろん、雪山に対する知識を深めたい、これから雪山を始めたいという方も必見の講習内容になっています。

この他、全国の取扱店舗などでも
講習会を開催予定です。
詳細は順次公開いたしますのでどうぞお楽しみに!

あなたの求めるアルパインシェルは?

アクティビティやフィールド条件、経験値や志向によって、必要となる装備は異なります。
あなたが雪山で求めるアルパインシェルはどのタイプ?

エバーブレスバリオ

リスクをコントロールできる遊び手のための、シンプルを極めた軽量シェル

エバーブレスアクロ

雪山のさまざまな状況に対応できる、最高強度のフル装備シェル

[ こんな方に ]

軽快さを求める人へ

雪山用アウターとしては薄手の生地を採用。シンプル軽量であることを重視し、必要最低限の機能を厳選して配置した雪山上級者向けモデル。創造的な遊び方をするために装備のベースウエイトが大きくなりがちな人や、軽量化重視のミニマリストに適したシンプル・軽量なアルパインシェルです。

レイヤリングの一例を見る

安心を求める人へ

強度と耐久性を誇る強靭な生地を採用。フェイスガードやダブルカフ、パウダーハーネスなど、雪山に必要なあらゆる装備を搭載したフラッグシップモデル。冬期登山、アイスクライミング、冬期アルパインクライミングなど、さまざまな状況でダイナミックに使えるアウターシェルです。

レイヤリングの一例を見る

[ 素材 ]

表:20デニールストレッチナイロンリップ
※パンツは50デニールストレッチナイロンタフタ
裏:20デニールポリエステルニット
中間層:エバーブレス®メンブレン
重量:370g

表:50デニール4WAYストレッチナイロンタフタ
※パンツは100デニール4WAYストレッチナイロンオックス
裏:20デニールポリエステルニット
中間層:エバーブレス®メンブレン
重量:530g

[ 機能 ]

  • リンクベント®
  • クライミングヘルメット対応フード
  • 運動性を高める脇下マチと立体デザイン
  • ハーネスに干渉しにくい左右の大型ポケット
  • メッシュの内ポケット(1箇所)
  • リンクベント®
  • クライミングヘルメットから大型スキーヘルメットまで対応したフード
  • 運動性を高める背面ニット
  • ハーネスに干渉しにくい左右の大型ポケット
  • メッシュの内ポケット(1箇所)
  • ジッパー付き内ポケット(1箇所)
  • ギアループ
  • パウダーハーネス
  • ダブルカフ
  • フェイスガード

LAYERING レイヤリング例
エバーブレス®バリオ

写真:エバーブレスバリオの着用フィールドイメージ 写真:エバーブレスバリオ商品画像
アクティブスキン

アクティブスキン®

高い保温性を確保したい冬期のアクティビティとウォータースポーツに最適

メリノスピンサーモフーディ

メリノスピン® サーモフーディ

優れた汗処理と最高の保温力。厳冬期まで対応するハイブリッドベースレイヤー

ドラウトクロージャケット

ドラウト®クロー
ジャケット

秋~残雪期に最適な汗処理能力と保温性、通気性のバランスに優れたミッドレイヤー

フロウラップ

フロウラップ®
フーディ

防風・耐水・透湿性に加え、異次元ストレッチ性を備えたミッドシェル®。しなやかな着心地で一年を通してさまざまなシーンに活躍

エバーブレスバリオ

エバーブレス® バリオ

シンプルを極めた、軽量アルパインシェル

氷点下でも天候に恵まれれば、軽く動きやすいウエアリングが行動範囲を広げてくれる。

エバーブレスバリオ、商品情報ページへ

LAYERING レイヤリング例
エバーブレス®アクロ

写真:エバーブレスアクロの着用フィールドイメージ 写真:エバーブレスアクロ商品画像
アクティブスキン

アクティブスキン®

高い保温性を確保したい冬期のアクティビティとウォータースポーツに最適

メリノスピンサーモジップネック

メリノスピン® サーモジップネック

優れた汗処理と最高の保温力。厳冬期まで対応するハイブリッドベースレイヤー

ドラウトポリゴンフーディ

ドラウト®ポリゴンフーディ

行動中に必要な汗処理、通気性、ストレッチ性を追求。厳冬期対応のハイロフト中間保温着

フロウラップ

フロウラップ®
フーディ

防風・耐水・透湿性に加え、異次元ストレッチ性を備えたミッドシェル®。しなやかな着心地で一年を通してさまざまなシーンに活躍

エバーブレスアクロ

エバーブレス® アクロジャケット

異次元ストレッチの強靭な生地にニットパネルを配備した冬期アルパインアウターシェル

保温とプロテクト重視のレイヤリングで、ホワイトアウトの危険地帯もナビゲーションに集中できる。

エバーブレスアクロ、商品情報ページへ