最強の5レイヤリングとは

バックカントリースキー・スノーボード

5/242018

東北 バックカントリースキーツアー

GW後半の休みを利用して、ここ数年恒例となっている東北バックカントリースキーツアーを2018年も計画した。5/3月山・湯殿エリア、5/4-5鳥海山の予定だったが、今年の関東以北のGW後半は不安定な天気。我々が向かう月山・湯殿エリアも例外ではなく、結局、出発日を1日遅らせることとなった。結果的に全日程で天気に悩まされたツアーとなった。
■アクティビティ日:2018年5月3日~6日...

続きを見る

投稿者: 天玉 亮  ■写真:天玉・髙木

ACTIVITIES

5/172018

北アルプス 黒部源流バックカントリースキー

GW後半戦は、悩ましい天候だった。
年に一度は訪れたいと思っている黒部源流エリアに3日~6日の予定で入るつもりだったが、3日は暴風雨、4日は猛吹雪との天気予報で、入山を断念された方も多かったことと思う。
転身も含めていろいろな可能性を考えたが、吹雪の4日であれば、樹林帯のアプローチならば可能だろう、うまいこと行けば、5日は季節外れのパウダーを堪能できるかもしれない、そんな期待を込めつつ、無理はしないようにと肝に銘じながら1日遅れの4日~6日のプランで入山することにした。...

続きを見る

投稿者: 相川 創  ■写真:相川、岩井、八幡

ACTIVITIES

4/262018

頚城・焼山北面台地&火打山バックカントリースキー

正面にどっしりとした焼山の溶岩ドーム。そして、周囲には火打山を筆頭にずらりとスキー向きの名山に囲まれた積雪期の焼山北面台地は、日本の山岳風景の中でも屈指のロケーションの一つと言えるだろう。
以前、笹倉温泉から日帰り火打山と、高谷池泊まりで笹倉温泉に抜けるツアーで訪れたことがあるが、あまりの素晴らしいロケーションに次来るときは、絶対ここにテント泊しようと思っていた。
絶好の晴天に恵まれたこの週末、台地にテントを張って北面台地と火打山のバックカントリースキーを楽しんだ。
※焼山は、2016年3月2日からの想定火口内(山頂から半径1㎞以内)の立ち入りが規制されていますので、計画の際はご注意ください。
■アクティビティ日:2018年3月31~4月1日
...

続きを見る

投稿者: 相川 創  ■写真:相川、稲田

ACTIVITIES

4/122018

越前甲 BCスキー

今年から山で滑り始めたバックカントリー超初心者の私。
エキスパートの相川から、「越前甲なら、頑張れば何とかなると思うから一緒に行く?」とのありがたいお誘いが。
雪の状態が悪く(というか、私がへたっぴの為)、コケル・ウマル、を繰り替えしたものの、
つけぬけるような青空の中、日帰りBCスキーを楽しんできました。
【山行日】2018年3月25日...

続きを見る

投稿者: 田中 由希子 

ACTIVITIES

4/122018

白馬 一ノ背髪BCスキー

スキーシーズンも後半戦に突入。2/24(土)白馬。BCエリアに入る計画であったが荒れた天気に翻弄されやむなくスキー場で楽しむ。翌日はなんとか天気は持ち直してくれ、いつものメンバーで楽しむことができた。
■コース:白馬47スキー場トップ ~ 一ノ背髪 ~ 村尾根 ~ 47スキー場
【日付】2018年2月25
...

続きを見る

投稿者: 稲田 和政 ■写真:髙木

ACTIVITIES

3/232018

妙高・三田原・神奈山BCスキーツアー

この週末は久々の休養を決め込んでいたのだが、またも悪友からの「週末は『THE DAY!!』だよ」のささやきにつられて急遽、ホームグラウンドともいえる新潟県西部の頸城(くびき)山系に出かけた。ちょうど1年前に滑った三田原山の外輪山稜線から火口原への滑降は前シーズンのベスト3に入るすばらしさだったので今回の期待も大きく、前週の白馬に続き天気予報を信じて出かけた。

■アクティビティ日:2018年3月16~17日...

続きを見る

投稿者: 髙木 道朗

ACTIVITIES

3/232018

白馬 金山沢BCスキー

雲上の白馬。気温の高い日が続いた後、再び西高東低の冬型の気圧配置で気温も低め。数日前に若干の湿雪が降ってからの降雪は無し。雪のコンディションとしては良くない中、栂池から猿倉をつなぐ金山沢を滑降してきた。
■コース:栂池自然園⇒金山沢⇒猿倉・二股
【日付】2018年3月10日
...

続きを見る

投稿者: 天玉、写真:高木・天玉

ACTIVITIES

3/152018

槍ヶ岳 one day

冬山へスキーを履いて出掛けるようになってから、密かに憧れてきた計画があった。
槍ヶ岳の日帰りスキーツアーだ。
槍ヶ岳といえば、ルートも分かりやすくポピュラーではあるが、とにかくアプローチが長い。
今回は、新穂高から槍ヶ岳への往復約25キロの道のりを、スキーの機動力で踏破する。

■アクティビティ日:2018年2月25日...

続きを見る

投稿者: 吉田 春陽

ACTIVITIES

3/82018

伯耆大山・天狗沢~三ノ沢Climb & Ride

伯耆大山は、西日本の貴重な冬季アルパインクライミングのフィールドだ。バックカントリーのフィールドとしては本峰以外の周辺の山や谷に魅力的なラインが多いが、急峻な本峰周辺にも、滑走可能なラインはあり、登りをクライミングで、滑りをテレマークスキーで登りも下りも楽しんでしまう、Climb & Rideのフィールドとしても面白いだろうと、目を付けていた。
今回、以前から温めていたライン、北壁、天狗沢のアイスのラインから登攀し、南壁、三ノ沢ラインを滑走する大山を北から南に横断するClimb & Rideにトライ。
上りも下りも面白く合理的な美しいラインを引くことができた。

■アクティビティ日:2018年3月3日...

続きを見る

投稿者: 相川 創

ACTIVITIES

2/272018

妙高山 前山BCスキー

天気晴れ! 登山指数A!  気温0℃~11℃?、、、、、もう春到来か、、、、?
3連休のBCスキーツアー決行の前日、天気予報に困惑しながらも妙高方面に車を走らせた。

■コース:赤倉観光スキー場トップ~前山山頂~赤倉観光スキー場

【アクティビティ日】2018年2月10日
...

続きを見る

投稿者: 稲田 和政 ■写真:高木・天玉・佐藤

ACTIVITIES

2/222018

北信五岳 黒姫山BCスキーツアー

2月の3連休、中日。寒波の影響で寒い日が連日続いていたが、あいにく3連休は気温が上がることと強い西風の予報。条件が良くない中で妙高周辺エリアのフィールド選びをした結果、登攀・滑降とも東斜面でかつ樹林帯のツアーを組める黒姫山を選択。黒姫高原スノーパークのリフトを利用することで比較的容易にアプローチできる東尾根ルートを滑降してきた。
■コース:黒姫高原スノーパーク(第2リフトトップ)→黒姫山稜線→東尾根(登山道の北尾根)→1396m台地→スノーバーク

【アクティビティ日】2018年2月11日 ...

続きを見る

投稿者: 天玉 亮 写真:高木・天玉

ACTIVITIES

2/12018

鍋倉山BC

TOKYO BASEから神戸に戻る週末、羽田空港で最終便を待っている時に遊び仲間から悪魔の囁きが。「明日、長野は『THE DAY』(最高の日!)かもよ」。
いてもたってもいられず、金曜の深夜、急遽長野に向かった。場所は例年訪れている北信州、関田山脈のブナ林で有名な鍋倉山。当社の面々もちょくちょく訪れているツリースキーの名所である。

■アクティビティ日:2018年1月20日...

続きを見る

投稿者: 髙木 道朗

ACTIVITIES

1/182018

2018年初滑り BCツアー・2DAYS

会社メンバー揃っての2018年初滑り。
年末年始、各地でおもいおもいのアクティビティーを楽しんだスタッフが、1月最初の3連休に長野に集合し、冬休み最後のBCツアーセッションを行った。
年末年始は、寒波のおかげで山には多くの雪がもたらされ、スキーヤーにとっては嬉しい悲鳴。今回のツアーは両日ともまずまずの天気で、存分に楽しむことができた。

【アクティビティ日】 2018年1月6日、1月7日 
【写真】天玉・畑本...

続きを見る

投稿者: 稲田和政・天玉亮

ACTIVITIES

11/302017

雪を求めて立山へ

ここ何年か立山のシーズンインは遅く、アルペンルートの閉鎖まで十分な積雪とならない年もあった。そんな中、例年になく早い雪の便りが入ってきた。
投稿が遅くなってしまったが、これは11月頭の記録である。
【アクティビティ日】2017年11月3日~5日...

続きを見る

投稿者: 吉田 春陽 

ACTIVITIES

5/202017

立山、剱沢BC

言わずと知れた山岳滑降の聖地「立山 剱」。ここ数年はシーズン終盤に剱岳本峰を滑るために訪れているが、今回は新たにテレマーカーの仲間入りした友人たちとともに、晴天の立山、剱沢で日常を忘れる絶景と春のザラメを堪能してきた。

■アクティビティ日:2017年5月20日・21日...

続きを見る

投稿者: 髙木 道朗 ■写真:髙木・天玉

ACTIVITIES