最強の5レイヤリングとは

夏とは異なる顔を見せる静寂な冬山。
冬山ならではの心震わせるシーンはたくさんありますが、
条件は過酷でリスクも高くなるため、安易に撮影に入ることはできません。
しかし、知識をつけ、しっかりと準備をすることで、冬山を撮影することができます。
冬山へ撮影に入るための心構えと対策をプロの山岳写真家に語っていただきます。

・開催日時:1/17(木) 19:00~20:30
・定員:25名 ※ご予約はお早めに!
・ご予約:詳細情報にある「イベントに参加する!」よりご予約ください
・講師:西田省三(山岳写真家)
・開催場所:finetrack TOKYO BASE 2階特設会場
・参加費:1.000円 ※当日に会場でお支払いください。


■内容

1)行動アプローチ
冬シーズンに何を撮るか、撮りたいかを考える
・登頂・登山目的ではなく、撮影目的での山行計画
・撮影直前準備としての天気図解説

シーズンに合わせた装備
・カメラ装備(防寒対策や結露注意)について
・ウェアやギアについて

現場へ
・撮影目的に合わせた現場での行動スケジュール
・地図や日の出、日の入り解説

2)現場でのちょっとした撮影ヒント

3)現実の現場での安全管理

イベントに参加する
※予約サービス「coubic」のフォームが開きます

講師:西田省三(山岳写真家)

1978年生まれ。山岳写真家。
美しい山岳風景を追い求めて国内外を問わず精力的に撮影を続け、山岳誌や写真誌、カレンダーなどに作品を多数発表している。南アルプス全域、北アルプス双六岳・雲の平、谷川岳などを中心に活動。その他日本各地、世界の山岳風景を撮影。直近では「日本百名山」をまとめるべく日本各地の名峰を鋭意撮影中。東京都在住。

著書に「ブルーガイド・山旅ルートガイドシリーズ(実業之日本社)」、「厳選雪山登山ルート集(山と溪谷社)」、「日本の山 究極の絶景ガイド(山と溪谷社)」、「ヤマケイアルペンガイド14「谷川岳・越後・上信越の山」(山と溪谷社・共著)」などがある。2011年に雑誌「山と溪谷」、2013年に雑誌「岳人」の表紙をともに年間担当。2017年山の日放送のNHK総合「北アルプス・ドローン大縦走」に撮影監督として出演、ほかNHK-BSプレミアム「にっぽん百名山」などTVメディアにも出演。

西田省三オフィシャルサイト

 

イベントに参加する
※予約サービス「coubic」のフォームが開きます

finetrack TOKYO BASE ページへ