ドライレイヤリング ドライを重ねる 5レイヤリング

【終了しました】【2022/1/29(土)】雪崩事故調査報告から学ぶ雪崩対策 <日本山岳救助機構合同会社(jRO)様 特別協賛企画> @TOKYO BASE開催

fun to trackトップに戻る

雪崩事故防止研究会(ASSH)とfinetrackの共催イベント!
人気の雪崩イベント第1弾!! 
日本山岳救助機構合同会社(jRO)様 特別協賛企画!!!

雪崩事故調査の第一人者であり、
ヒマラヤで遭難を体験し、長年にわたり遺体の捜索収容にたずさわり、
南極観測隊員としてリスクマネジメントに従事した阿部氏の講習会となります。
東京で、直接、阿部氏の講習会を受講できる絶好の機会になります。

(北大生の)北海道上川岳や(スノーボーダーの)白馬乗鞍岳裏天狗での雪崩事故を事
例として取り上げ、雪崩の原因、捜索救助を徹底的に解説いたします。

・開催日時:1/29日(土) 13:00~15:00 (12:30 受付開始)
※参加費:2,000円を受付時にお支払い下さい。
  (jRO会員の方は、jRO会員証を持参の場合、参加費が1000円となります。
  また、日本山岳会YOUTH CLUB所属の方は、学生証の提示で、参加費が1000円となります。)

・定員:20名 ※ご予約はお早めに!
・ご予約:詳細情報にある「イベントに参加する!」よりご予約ください
・講師:阿部幹雄 (写真家・ビデオジャーナリスト、雪崩事故防止研究会)
・開催場所:finetrack TOKYO BASE 2階特設会場


雪崩事故防止研究会(ASSH)とfinetrackの共催イベントになります。

TOKYO BASE&HIBIYA HUTから雪崩について学ぶ機会を提供いたします。

  <日本山岳救助機構合同会社(jRO)様 特別協賛企画> 

イベントに参加する
※予約サービス「coubic」のフォームが開きます

finetrack TOKYO BASE ページへ

講習会内容
・「雪崩の科学、雪崩の気象」
・「積雪安定性評価」
・「リスクマネジメント」
・「雪崩対策装備とコンパニオンレスキュー」など雪崩の危険判別法、
雪崩対策の装備、セルフレスキューなどを説明。
・「下記の事例を通じたケーススタディ」

<事例1>
北海道上川岳雪崩事故~2021年2月29日発生、北大生2名が埋没
コンパニオンレスキューにより生存救出

<事例2>
白馬乗鞍岳裏天狗雪崩事故~2020年2月28日雪崩トランシーバーの電源を
入れ忘れたスノーボーダーが埋没。3時間1分後に生存救出。
スラロームプロービングによる世界で初めての救出事例。

雪崩事故調査の第一人者であり、
ヒマラヤで遭難を体験し、長年にわたり遺体の捜索収容にたずさわり、
南極観測隊員としてリスクマネジメントに従事した阿部氏の講習会となります。

上記、(北大生の)北海道上川岳や(スノーボーダーの)白馬乗鞍岳裏天狗での
雪崩事故を事例として取り上げ、雪崩の原因、捜索救助を徹底的に解説いたします。

講習会後は、質疑応答時間を設けますので、
日ごろの疑問・質問・雪崩のメカニズム等について
阿部氏にご質問ください。

※参加費:2,000円を受付時にお支払い下さい。
 (jRO会員の方は、jRO会員証を持参の場合、参加費が1000円となります。
  また日本山岳会YOUTH CLUB所属の方は、学生証を提示で、参加費が1000円となります。)

※参加費は、各回ごとのお支払いとなります

講師:阿部幹雄 (あべみきお)氏

プロフィール

1 9 5 3 年愛媛県生まれ。
写真家、ビデオジャーナリスト。
雪崩事故防止研究会代表、
( 公社) 日本雪氷学会北海道支部雪氷災害
調査チーム前代表、北大山とスキーの会。
ヒマラヤの遭難で生き残り、
長く遺体の捜索収容活動を行ってきた。
第4 9、5 0、5 1次南極地域観測隊( 夏隊) の
野外観測支援隊員。

北海道テレビ放送H T B イチオシ!
「M IK IO ジャーナル」を2 0 1 8 年度まで担
当、著書「那須雪崩事故の真相〜銀嶺の破
断」( 山と溪谷社) 、「生と死のミニャ・
コンガ」ほか多数。

 

雪崩事故防止研究会(ASSH)の活動拠点は北海道です。
本州へ活動を拡げる理由は、高校生ら8名が亡くなった那須雪崩事故(2017年3月27日)が
発生したことです。この事故調査に雪崩事故防止研究会(ASSH)が携わり、雪崩教育を受け、
雪崩を回避する知識があれば、那須雪崩事故は防げたはずです。
雪崩の捜索救助法と医学知識があれば、もっと助かる命があったはずです。
私たちは改めて、雪崩事故防止に教育が不可欠だとの思いを新たにしました。

全3回の講習会となります。
全てにご参加いただければ、雪崩の発生原因について、深く学び、
雪崩捜索救助方法について最新の理論に触れることができます。

また、雪崩遭遇時、事後の対応について医学的見地から
対応方法を実践的に学ぶことができます。

お好きなテーマの講習会のみの参加も可能です。

日常では接することの難しい下記の各分野について

雪崩発生のメカニズムや事例分析        →1/29(土)  TOKYO BASE開催
雪崩のリスクマネジメント、救助活動、装備     →2/26(土)  HIBIYA HUT開催
雪崩からの蘇生活動や医療                 →3/19 (土) TOKYO BASE開催

雪崩の専門家からの講習会になります。
開催時間は全ての回で、13時~15時となります。

イベントに参加する
※予約サービス「coubic」のフォームが開きます

finetrack TOKYO BASE ページへ

お問い合わせ

TOKYO BASEへお電話ください:03-6452-6084 (営業時間 11:00~20:00 )