ドライ、だから温かい ドライを重ねる 5レイヤリング

【終了しました】【2023/1/22(日)】 雪崩リスクマネジメント 〜行動と装備・事故から学ぶ〜<日本山岳救助機構合同会社(j RO)様 特別協賛企画>

fun to trackトップに戻る

人気の雪崩イベント第1弾!!

雪崩リスクマネジメント 〜行動と装備・事故から学ぶ〜

雪崩事故防止研究会(ASSH)とfinetrackの共催イベント!
日本山岳救助機構合同会社(JRO)様 特別協賛企画!!

バックカントリースキーヤー・スノーボーダーや冬山登山者を対象に、
雪崩回避のための基礎知識と実践的なノウハウや雪崩に遭遇した場合の対処法、
雪崩対策装備のポイント、実際の雪崩事故の分析など、
講師のバックカントリースキーヤーとしての経験と目線から分かりやすく説明します。

・開催日時:1/22(日) 13:00~15:00
※参加費:2,000円を受付時にお支払い下さい。
 (JRO会員の方は、JRO会員証を持参の場合、参加費が1,000円となります。ココヘリ会員も、同じく参加費が1,000円となります。
 また、日本山岳会YOUTH CLUB所属の方は、学生証の提示で、参加費が1,000円となります。)

・定員:20名 ※ご予約はお早めに!
・ご予約:詳細情報にある「イベントに参加する!」よりご予約ください
・講師:大西 人史(おおにし ひとし)/雪崩事故防止研究会・道総研
・開催場所:finetrack TOKYO BASE 2階特設会場


雪崩事故防止研究会(ASSH)とfinetrackの共催イベントになります。
Finetrack Brand Storeから雪崩について学ぶ機会を提供いたします。

          <日本山岳救助機構合同会社(jRO)様 特別協賛企画>  

イベントに参加する
※予約サービス「coubic」のフォームが開きます

finetrack TOKYO BASE ページへ

■講習会内容
・雪崩とは?(雪崩の基本知識)
・雪崩ハザードを知る(地形・天候・積雪)
・雪崩に遭わないための行動(リスクを低くする行動・意志決定)
・雪崩から生還するために(セルフレスキュー)
・雪崩対策装備選びのポイント(雪崩トランシーバー・シャベル・プローブなど)
・雪崩事故の分析(2022年富良野岳雪崩事故)

※参加費:2,000円を受付時にお支払い下さい。
(JRO会員の方は、JRO会員証を持参の場合、参加費が1,000円となります。ココヘリ会員も、同じく参加費が1,000円となります。また、日本山岳会YOUTH CLUB所属の方は、学生証の提示で、参加費が1,000円となります。)

 

※参加費は、各回ごとのお支払いとなります。

 

講師:大西 人史(おおにし ひとし)氏

講師:大西 人史(おおにし ひとし)氏

1964年北海道生まれ。

雪崩事故防止研究会。

(地独)北海道立総合研究機構森林研究本部。

(公社)日本雪氷学会北海道支部雪氷災害調査チーム。

三段山クラブ代表。

雪崩事故調査のほか雪崩講習会の講師や講演など、雪崩事故防止に関わる活動を行なっている。

共著に11月中旬に発売の「増補改訂版雪崩教本」。

雪崩事故防止研究会(ASSH)の活動拠点は北海道です。
本州へ活動を拡げる理由は、高校生ら8名が亡くなった那須雪崩事故(2017年3月27日)が
発生したことです。この事故調査に雪崩事故防止研究会(ASSH)が携わり、雪崩教育を受け、
雪崩を回避する知識があれば、那須雪崩事故は防げたはずです。
雪崩の捜索救助法と医学知識があれば、もっと助かる命があったはずです。
私たちは改めて、雪崩事故防止に教育が不可欠だとの思いを新たにしました。

全3回の講習会となります。
全てにご参加いただければ、雪崩発生のメカニズムやリスクマネジメント、
事故事例など、雪崩について幅広く学ぶことができます。
また、雪崩遭遇時、事後の対応について医学的見地から対応方法を実践的に学ぶことができます。

お好きなテーマの講習会のみの参加も可能です。

日常では接することの難しい下記の各分野について

1/22(日)    雪崩のリスクマネジメント(予測と行動、装備)、事例分析
2/18(土)    雪崩からの蘇生活動や医療
3/18 (土)   雪崩発生のメカニズムや事例分析

雪崩の専門家からの講習会になります。
開催時間は全ての回で13時~15時となります。

 

イベントに参加する
※予約サービス「coubic」のフォームが開きます

finetrack TOKYO BASE ページへ

 

お問い合わせ

TOKYO BASEへお電話ください:03-6452-6084 (営業時間 11:00~20:00)