最強の5レイヤリングとは

投稿者: 清水 憲柱

CATEGORIES
スタッフの遊び記録
ACTIVITIES

30度を超える日が多くなってきた今日この頃。暑さから逃げるように、泳ぎあり、登りありの快適な沢を満喫してきた。
【遡行日】2017年7月16日

10mほどの錆びた梯子を登り入渓。釜付近には大きな沢カニや魚がたくさんいて、自然を感じる。

序盤から美しい廊下が現れる。流れもほどほどで快適な泳ぎであった。初めての沢での泳ぎを満喫するも、這い上がりに苦戦。経験を積む必要を感じた。

チムニー状の小滝を登る。プッシュを繰り返して登る登攀は楽しい。

美しい淵。大きな石があり、這い上がりも容易であった。
序盤はこのような淵が何度か現れ、そのたび美しさに見入ってしまった。

中盤はなめと淵が交互に現れる区間。途中から岩を超えるような場所が連続するが、どれも巻けるので各自登ったり、登らなかったりと自由に進む。

この左から容易に巻けるのだが、せっかくなのでシャワークライミングを楽しむ。

30mの2段滝。美しい滝を眺めながらここで休憩。持ってきていたさくらんぼを味わう。
後半は大きな滝がいくつも出てくるが、ほとんどに明瞭な巻道がある。

大滝の上の穏やかな区間。苔と岩のバランスが美しい。

最後に40mの大滝があるそうだが、そこまで行けず時間切れ。尾根を上がり舗装路にでた。
地形図を見て程よいところを降りると仕事道に合流。かなり時間を短縮して車に着くことができた。結果として今回、泳ぎと登りが程よいレベルで楽しい遡行となった。

 

今回高巻を何度か繰り返したため、レインウェアがドロドロとなった。しかし泥を水洗いで落としたのち、オールウォッシュで洗うことで汚れをしっかり落とすことができた。

オールウォッシュの商品情報へ