最強の5レイヤリングとは

finetrack編集部: オールウォッシュ モニタープロジェクト

CATEGORIES
VOICE

汗や皮脂といった運動による汚れと、泥や樹液といった環境による汚れ。アウトドアフィールドでは、さまざまな要因によってウエアは必ず汚れます。プロであればさらに過酷な環境で酷使され、ウエアの汚れの付き方もよりハードに。今回はアウトドアで活躍するプロたちが、それぞれのフィールドで付着したガチでハードな汚れをオールウォッシュで洗ったときの様子を徹底レポート。果たしてどうなるのでしょうか…!?

「林業でドロドロになったウエアやギアに」

八戸市森林組合 工藤義治さん

林業では、ウエアやギアは事故を未然に防ぐためのアイテム。特にウエアは視認性の良い色を使って事故の危険性を回避しているので、見た目を清潔に保つことは安全面からも重要だと言えます。しかし仕事中につく泥汚れやチェーンソー油の汚れはなかなか普段の洗濯では落とすことができないのが現状。今回は1か月洗濯をしていなかったチェーンソー防護パンツをオールウォッシュで洗ってみることに…。
泥やチェーンソーの油で真っ黒のパンツですが、オールウォッシュで手洗い後、洗濯機に入れました。

泥汚れが非常によく落ち、期待以上の洗浄力です!油汚れは少し残ったものの、一部、オールウォッシュを直接湿布して丁寧に洗剤を揉みこんだ部分は落ちていたので、油汚れも時間をかければ取れるのではないかと感じました。
また、ヘルメットのパッド部分やイヤーマフにこびりついた皮脂汚れはスッキリ落ちてニオイもなくなります。なので、アウトドア用品ではないですが…しつこいオヤジ臭が付いた枕カバーの洗濯にも、オールウォッシュをオススメします(笑)

ヘルメットのパッドやイヤーマフにも…

 

「泥・海苔・魚で汚れたグローブを洗ってみたら…」

ショアアングラー 新名啓一郎さん

ロックショアフィッシングは、時には波を頭からかぶってずぶ濡れになったり、海苔だらけの磯を滑らないように注意深く歩いたり、泳ぐ羽目になったり…というハードなアクティビティ。そんな中で使うウエア・ギアは、皮脂汚れ、アプローチでの泥汚れ、海苔や魚のニオイ…とさまざまな汚れが付着します。特にグローブはそれらの汚れを一手に引き受けるアイテム。その汚れとニオイを落とすためには、ぬるま湯で2回予洗をし、それから洗濯機に投入しなければならず、その手間には悩まされてきました。
今回、オールウォッシュの洗浄力を試すために、予洗なしで洗濯機に投入してみたところ…

予想以上の洗い上がり!「もしこれで済むなら、手洗いしなくて良いんだけどなぁ」と思っていたのですが、その期待をはるかに超えました。端っこの方に若干魚の血の跡が残っていますが、この程度なら気になるときだけ予洗を1回足せば十分。これからは洗濯がラクになります!

※こちらのグローブは合成皮革ですが、合成皮革を用いた製品に使用する場合は、製品についている取扱絵表示で洗濯可能かご確認下さい。

 

「積年の沢臭さが…」

渓流フィッシングガイド 本山博之さん

渓流釣りのために3月から9月までひたすら沢に入るため、ウエアに沢特有のニオイが付くことが気になっていましたが、これまではどんな洗剤を試してもニオイが落ちず、そんなものかと思っていました。しかし、オールウォッシュを使ってみると、「こんなに出てくるものなのか?!」と驚くほどの汚れがウエアから出てきて、洗濯水がすごい色に…!

一見キレイなこのウエアが…

この後2回から3回洗って、ようやくすすぎの水がきれいになりました。もともとウエアはまめにメンテナンスしていたのですが、それでも通常の洗剤では落とすことのできない汚れが長年蓄積されていたんでしょうね。これまでは取れなかった沢臭さも完璧に取れていて、洗剤に対する考えが変わりました。コツは40℃のお湯でのつけ置き洗いと多めのすすぎです!

 

「当日中に洗えなかったウエアのあのニオイが…」

プロスキー選手(ノルディック複合) 小山祐さん

スキー選手として活動しているので、トレーニングでもレースでも大量に汗をかき、着替えは1日2回。夏になればそれ以上。毎日そのウエアを洗濯することは難しく、洗濯頻度はだいたい2日に1回。そうすると1日置いたウエアはかなりニオイがきつくなってしまい、洗濯後もそのニオイが残って気になる…という状態でした。オールウォッシュは1日置いた洗濯物のニオイも取れていて、「しっかり洗浄された」という安心感があります。毎日のトレーニングで大量に汗をかいても、その汚れやニオイをきれいに落としてくれるので、スッキリした気持ちで次のトレーニングに取り組めます!

 

 

「ニオイが気になる愛犬たちのレインウエアも」

トレイルランナー 丹羽薫さん

私たち家族と一緒にアウトドアアクティビティを楽しむ2匹の愛犬たち。雨の日のアクティビティではお腹や脚に泥が跳ねて泥んこになってしまうので、レインウエアを着用させています。そんな犬用レインウエアは頻繁に洗っているのですが、これまでは洗いたてでも水に濡れると犬独特のニオイがして気になっていました。今回、オールウォッシュで自分のウエアを洗ってその洗浄力を実感したため、犬用レインウエアにも使ってみたところ、こちらも期待通り!すっきりニオイを取ることができました。また、レインウエアに付着した脂汚れがよく落ちるためか、これまでは毎回撥水スプレーを使用しないと弱くなってしまっていた撥水性も長く維持することができ、お手入れがラクになりました!

finetrack編集部
オールウォッシュ モニタープロジェクト

さまざまなアウトドアフィールドで活躍されているプロのみなさまに、50日間オールウォッシュを使用していただき、感想をうかがいました!
オールウォッシュに関する詳しい情報はこちら