ドライレイヤリング ドライを重ねる 5レイヤリング

~2021‐22秋冬新商品「スカイトレイル®ジャケット」開発STORY~
動きを邪魔しない軽さと防風性、通気性をバランスよく備えたトレイルランや自転車、クロスカントリースキーにおすすめのパンツ「スカイトレイル®パンツ」にセットアップで活用できるジャケットが新登場しました。
パンツと同じコンセプトで使える最適なジャケットに仕上げるため、試行錯誤を繰り返したスカイトレイル®ジャケット。その開発背景をお届けします!

目次

      1. 開発のきっかけはご愛用者の声
      2. 3種類の素材からなる軽さと機能性
      3. 軽快にフィールドを楽しむ方へ

開発のきっかけはご愛用者の声

「スカイトレイル®ジャケット」は、2019年秋冬に先行して発売した同シリーズパンツのユーザーさまからの「パンツと同じ素材のジャケットが欲しい」、「セットアップで着たい」といった要望の声から誕生した、秋冬シーズンのトレイルランニングや自転車、クロスカントリースキーなど運動量の多いアクティビティのために開発された、超薄手のシェルジャケットです。

スカイトレイル®パンツと同コンセプトで始まったジャケット開発。

3種類の素材からなる軽さと機能性

生地構成は、パンツ同様に3種類の異なる素材を適材適所に組み合わせたオリジナル構成。

まず、背面を含む本体生地は、撥水性と適度な通気性を備えた軽量ストレッチ生地を。
寒風を防ぎたい前身頃や肩、前袖部分にはストレッチ性の高い独自開発の防水透湿3層生地「エバーブレス®エア」を採用。
さらに体温の上昇時に発汗量の多い脇下部分には高通気のメッシュ布帛を配しています。


3種類の生地の配置を構想していたころのイラスト。上図からテスト&調整を繰り返して商品版に至る。

また、風や雪の吹込みを防ぐため、衿腰の高いスタンドカラーや、袖口と裾のゴムシャーング仕様を採用し、身体にフィットしやすく、また冷気の侵入を防ぐ仕様に仕上げています。

もちろん、両脇に配したリンクベント®を開閉することで、ウエア内の蒸れや熱を一気に外に排出でき、温湿度調節も容易です。

軽快にフィールドを楽しむ方へ

運動量、発汗量ともに多くなりがちな自転車やトレイルランの行動時に適したスカイトレイル®ジャケット。

スリムシルエットながら、生地の柔らかなストレッチ感も相まって、さまざまな姿勢を要求されるオールロードサイクリングや上半身の動きの大きいトレイルランニングなどでも、動きやすく、軽快な着用感です。

また、使い勝手にもこだわり、ファスナー付きのハンドポケットはハンドウォーマーとしても使えます。
十分なサイズ感なので、ネックウォーマーや防寒用グローブなどを入れることも可能。
さらに右後ろ脇部分には、ペダリング時にも邪魔にならないファスナー付きのポケットを付けました。行動食や携帯電話などの収納に便利です。

メンズジャケットでわずか195gという軽さとともに、動きやすさと機動性を備えた新しい「スカイトレイル®ジャケット」の軽快な着心地と快適さをフィールドでぜひ体感してください。

(文/fun to track編集部)

スカイトレイル®
ジャケット

軽さと防風性を兼ね備えながらも蒸れにくく、快適な着心地のアクティブウエア。肌寒い時期のランニング・トレイルランニング、自転車に最適なジャケットです。

スカイトレイル®ジャケット 商品情報はこちら!