ドライレイヤリング ドライを重ねる 5レイヤリング

~2022春夏新商品「ラミースピン®エア」開発STORY~
「真夏のアクティビティを少しでも快適にしたい」その思いを叶えるために、新しい春夏用ベースレイヤー「ラミースピン®エア」は生まれました。
天然繊維ラミー(苧麻)の特長を活かした生地開発と、風の通りやすさにこだわったデザイン。2人の担当スタッフによる、「ラミースピン®エア」の開発背景をお届けします!

目次

  1. 真夏のフィールドをより快適に遊ぶために
  2. 速乾スピードNo.1
  3. 風が通りやすいデザインへのこだわり
  4. 風まとう着心地を、盛夏に

真夏のフィールドをより快適に遊ぶために

もともと高温多湿の日本の気候ですが、近年は温暖化の影響も相まってか、夏の気温は40度に迫る日もあり、照り付ける太陽の下、街中はもちろんのこと、涼を求めて出かけた山でも、倒れんばかりの暑気に襲われることも多いのではないでしょうか。真夏のアクティビティを少しでも快適にしたい。その思いを叶えるべく、清涼な風を常に身にまとうような着心地のベースレイヤーを創れないだろうかと、天然繊維ラミー(苧麻)の特長を活かしたベースレイヤーの開発に着手しました。

速乾スピードNo.1

ラミースピン®エアの生地開発にあたって一番苦心したのは「ファイントラックのベースレイヤー史上で最速の乾きやすさ」という大命題を実現することでした。

生地開発担当の機能開発室 スタッフ田中

真夏のアクティビティで大量にかいた汗が、行動中の風を受けてどんどん乾いていくぐらいの速乾性を持たせたい。その想いで開発を続けていたのですが、あと一息のところで目標レベルに届かず、試行錯誤の日々が続きました。

どうしようかと悩み続け、ようやく辿り着いたのが、「シルケット加工」
シルケット加工とは、生地をアルカリ系の薬剤につけて膨潤させて、その後、酸により中和するという方法で、この加工により繊維が糸軸方向にきれいに配向されて、断面を整えることができます。

通常はファッションアパレルで光沢を出すために用いられる手法で、アウトドアアパレルでの検討は非常に珍しいのですが、繊維がきれいに整列することで、汗の拡散性が良くなり、速乾につながるのでは? と仮説を立てたところ、これが大当たり。速乾性を格段に向上させることに成功しました。

水に触れると瞬時に拡散。この優れた拡散性が、速乾性に寄与している

糸使いや、生地組織、加工方法などの複合的な効果によって、ラミースピン®エアはファイントラックのベースレイヤーで一番の速乾性を実現しました。

風が通りやすいデザインへのこだわり

飛びぬけた速乾性とラミーの持つ涼感を備えたラミースピン®エア。その特性を生かし、デザイン面でも涼しさを体感できるようにこだわりました。

特に発汗量の多い脇下にはパターンの工夫を凝らしました。レイヤリングに影響しない範囲で、袖口やアームホールに適度な余裕を持たせたのです。これによって脇下に風が通り、涼しさを感じやすい仕様になっています。

また、ジップTについては従来の商品群とは異なるアプローチで、ジップネックとクルーネックのいいとこどりができないかと悩みぬいたアイテムです。

襟回りを特にこだわってデザインしたと語る商品企画課スタッフ夏見

オーソドックスなジップネックでは、内襟と外襟の二枚構成で、ときには芯地を入れて襟を美しく立たせることもありますが、この仕様は酷暑の際には首回りの生地に熱がこもるような感覚を持つことも。そこで、ラミースピン®エアジップTの襟部分は、首を少し前に傾斜させた独自設計にしました。そうすることで涼やかな風を首回りに感じやすい、Tシャツのような爽快感も叶えています。

男性用は長めのジップを採用。全開すると一気に風を取り入れやすい

それに加えて、ジップネックの最大のメリットであるフロントファスナーによる換気機能は最大限に生かせるよう、長めのファスナーを採用し(メンズのみ)、大胆な開口によってより風を取り入れやすい仕様にもなっています。

風まとう着心地を、盛夏に

発汗量の多く、暑い時期の行動はウエアの汗処理性能が追い付かず、生地が体に張り付く不快感がいつまでも付きまとい、それは冷えにも直結します。けれどもラミースピン®エアは実際に汗をかき始めた時こそ、その汗処理性能の高さ、適度なシャリ感と肌離れの良さにドライ感を実感できる1着です。

シーンとしては真夏のデイハイクはもちろん、自転車やトレイルランなど、汗をかき続けるハードなアクティビティにも向いています。非常に軽い素材ですので盛夏の長期縦走の着替えに携行するのもいいでしょう。夏に涼しいウエアを求める方に一押しです。

(文/fun to track編集部)