ドライレイヤリング ドライを重ねる 5レイヤリング

マルチアクティビティプレイヤー: 山田 琢也

CATEGORIES
VOICE

こんにちは!
長野生まれ、長野育ち、、、マルチアクティビティプレーヤー山田琢也です。

ランシーズン始動しました!走るのって本当に気持ちいいですね!

何を今更なのですが、山に雪がある内はスキーでとことん鍛える(遊ぶ)のが山田流で、冬は走りません。でもこの”間”がランにも身体にも大切なんです。

クロカンスキー、BCクロカン、BCスキー、テレマーク、SKIMO、アルペン…冬はする事が多くて忙しい。。。

クロカンスキー

 

クロカンスキーでテレマークというマニアックな遊び

 

BCクロカン

 

私が実際に感じてきた、走らない期間がある事でのメリットです。

1、圧倒的に怪我が治る、健康になる
2、クロストレーニングよるパフォーマンスアップ
3、ランがまた楽しくなる

1年中できてしまうランは、使う筋腱が一緒なためオーバーユースでどうしても故障しやすいです。

私のキャンプに参加するランナーでも、怪我が治ってない状態で走り続けいる方が多いことに驚きました。故障を抱えたまま走り続けてもパフォーマンスは下がる一方なので、1年のどこかで走らない期間を作ってあげるのは大切です。

その走らない期間にクロストレーニングで普段使わない部位を刺激する事で、ひいてはランのパフォーマンスを向上させます。

私の場合は、それがスキーです。

そして雪解けと同時に走り始めるのですが、ランが新鮮に感じて、楽しい!って毎年思えるのです。ランはやっぱり楽しいし、もっと走りたいって思いながら走るれるって最高じゃないですか。

1年中、山を楽しんで更には健康になって、競技パフォーマンスまで上がってしまうので、もうこのサイクルをやめられません。長年競技に携わってきましたが本当にオススメです。

逆にデメリットは、、、
スキーが楽し過ぎてランに戻れなくなる可能性がある、、、くらいでしょうか(笑)

そんな私が一年中使い倒しているのがドライレイヤー®ベーシックです。

0°前後の気温帯で、かつ発汗量の多いクロカンスキーやBCスキー、そして標高の高い場所へ行くアクティビティでは絶対的なアイテムですが、肌寒い季節の街ランにも重宝します。

汗冷えはコンディションを崩すキッカケになるので、1枚加えるだけで安心が増えます。ぜひお試しください!

ドライレイヤー®ベーシック

肌をドライに保ち、体温を守る、アンダーウエア「ドライレイヤー®」の定番シリーズ。
ファイントラック独自の「撥水」技術によって、かいた汗は瞬時に肌から離れ、肌をドライにキープ。汗冷えを軽減します。

ドライレイヤー®ベーシックの商品情報はこちら!

 

マルチアクティビティプレイヤー
山田 琢也

1978年長野県木島平村出身。全国各地のトレイルランニングレースでは表彰台の常連者でありながら、今なおクロスカントリー・マウンテンランニング・MTB等で、地元を遊びつくすことを身上とする、マルチアクティビティプレイヤー。finetrackエグゼクティブパートナー。