ドライ、だから温かい ドライを重ねる 5レイヤリング

投稿者: 中山喜久子/田中由希子

CATEGORIES
スタッフの遊び記録
ACTIVITIES

中山・田中は、お酒と山をこよなく愛する居酒屋山行コンビ。

2022年の夏はうだるような暑さだった。
猛暑の関西を飛び出して、水と遊ぼう。沢だ!沢!

天気の具合とにらめっこして、中山が提案してくれたのは谷川連峰の名渓「ナルミズ沢」。
万年沢2級コンビの我々でも楽しめそうである。

せっかくだから、つめ後の稜線歩きも計画に入れて、白毛門登山口から東黒沢へ入渓し、ナルミズ沢へ進む周回ルートをチョイス。
2人とも谷川連峰は初めてだ。初見の山へ向かう時はいつも心がワクワクする。
はやる気持ちを抑えつつ、いざ、谷川へ!

谷川連峰に詰め上げる沢は数々あるが、その中でもナルミズ沢はエメラルドグリーンの釜が美しく、つめは「天国の草原」と称される名渓だ。

しかし「ナルミズ」の由来は「鳴る水」であるという一説があり、大雨が降ると一気に鉄砲水が発生するという。
おっそろしい。天候によくよく注意せねば。。

予報によると、天候が落ち着くのは8/9-10の2日間のみ。
この2日間に勝負をかけて、白毛門登山口を出発した。


ハナゲの滝も風邪ひいたかのような水量

登山口からすぐに入渓ポイントとなる。
どうも8月に入ってから雨の日が多かったらしく、明らかに水量が多い。

登山口から30分ほどの「ハナゲの滝」は最上部が増水でいやらしい感じになっていたので巻道を使用。
東黒沢はナメと小滝、釜の連続であるが、どうも濁っていてあまり美しくない。
水の流れる音も、癒し系というよりは、ちょっと猛々しいような。


美しいナメ滝と森の緑がたまらない

しばらく行くと、ナメを取り囲む、立派なブナ林
ちょっと日も差してきて、いい感じだ。

美しい森を見上げ、深呼吸。

東黒沢を詰め、乗越すと、ウツボギ沢に入る。
それまでの渓相と変わり、水量も落ち着いて濁りもない。

おお!これこれ!この景色を期待していた!


このコントラストが夏の沢の醍醐味

ウツボギ沢からナルミズ沢の出会までは目と鼻の先。
ナルミズ沢の渓相は聞きしに勝る美しさだ。


火照った体を一気にクールダウン

エメラルドグリーンの釜を泳いだり・・・


小さくても立派な滝

連続する小滝を越えたり・・・


まさに夏のウォーターアクティビティ

天然ウォータースライダーで絶叫したり・・・

多いに遡行を楽しんでいた私達なのであるが、その日の夜に「ナルミズ」の洗礼を受けることになってしまう。

昼過ぎから雲行きがどんどん怪しくなってきた。
日の入りと同時にとんでもない大雨が降ってきて、清流がみるみる濁流と化す。

本当に15分位の出来事ではないだろうか。
ゴウゴウゴウゴウと、まさに「鳴る水」。

沢底で石が転がる音や、濁流がぶつかる音で眠れたものではない。

寝不足で向かえた翌朝。
水は少し引いているものの、水量は明らかに多い。
しかもヘルメットを流失という、やってはならない失態をやらかしてしまった。

これではダメだ。予定変更だ。

「天国の草原のツメ」は諦めて、大石沢分岐より登山道に乗り、朝日岳へとルートを変える。
朝日岳山頂直下は夏の日差しに輝く美しい草地が拡がっており、これはこれで「天国の草原」かも。


名残惜しいがおかげで美しい景色にも出会えた

朝日岳から笹ケ岳、白毛門への縦走では、クライマーの聖地「谷川岳 一ノ倉」の雄姿が大パロラマとなって目前に現れた。
きっと数多のクライマーが陶酔し、目を輝かせる風景だろうが、いかんせん私達からは「オー!スゲー!怖ぁっ!」という真に貧相な言葉しか出てこない。

つくづく垂直系の岩登りには向いていないコンビだと思う。

帰りは新潟から日本海周りで車を走らせた。

想うはナルミズの美しさと、わずか15分で豹変した沢の恐ろしさだ。
つめに行けなかったのは心残りであるが、何より安全を最優先して仕方のない選択だった。
いつかリベンジしよう。

新潟といえば、我々のパラダイス(※酒屋)が潤沢である。

塩沢で素晴らしい銘酒と出会い、名物へぎ蕎麦を堪能し、魚沼でコシヒカリの絶品おむすびを食べ、十日町の名湯で英気を養い、ちょっぴり悔しい思いを忍ばせつつ、深夜の高速道路を駆け抜けたのであった。

 

遊びのMVPアイテム

ドライレイヤー®ウォーム ブラトップロングスリーブ

灼熱の夏でも、沢の水はびっくりするほどに冷たい。だから、沢では「長袖」のドライレイヤーが欲しくなります。このブラトップは、長袖にブラの前身頃がくっ付いた構造。背中や脇を固める布が最小限になっていて「ブラ+長袖」の重ね着と比べて、締め付け感が圧倒的に少ない! 身に着けてるのを忘れてしまう程です。加えて、ドライレイヤーベーシックの約1.5倍(※)温かい「ウォーム」素材なので、ずぶ濡れになるシーンでも安心。沢登り、シーカヤック、雪山と、気付けば年中出番があり、2着をローテーションして使っています。
(※クロー値による)

ドライレイヤー®ウォーム ブラトップロングスリーブの商品情報へ