最強の5レイヤリングとは

投稿者: 吉田 春陽

CATEGORIES
スタッフの遊び記録
ACTIVITIES

剱岳周辺で5泊6日、登攀と縦走を楽しむ旅。
【山行日】2017年8月11日~16日

Day1. 室堂→真砂沢

雨予報の富山に到着する。思いの外天候は良く、室堂に到着した頃には、時より陽射しも見えるほどだ。今日はベースキャンプにする真砂沢ロッジまでの短い行程だが、7泊分の食料と登攀ギア、カメラを詰め込んだザックが肩に食い込む。雷鳥坂に差し掛かった頃には、完全にガスに巻かれてしまった。しかし、この日の道は迷う心配もなく、重たい荷物を背負うアプローチには冷たい空気がちょうど良い。

剱沢の状態もよく、4.5時間程で真砂沢ロッジに到着した。

Day2. 源次郎尾根→剱岳→長次郎雪渓右俣

朝5時、今にも降り出しそうな不気味な空の下、キャンプを発ち、剱沢を登り返す。
40分ほどで源次郎尾根に取り付いたが、予想通りの、いや予想以上の渋滞に巻き込まれてしまった。標高差50mと行かずして動きが止まってしまった。やがて雨も降り出し、後続のパーティは渋滞を見てあきらめて引き返していく。

雨脚も強くなってきたが、一向に動く気配がないので、適当なブッシュ帯をトラバースし、ルンゼルート側面の草付に出た。

濡れた頼りない草をホールドに、行けそうなところまで詰めてみる。

するとあっさりと稜線に復帰。詰まっていた5パーティほどを抜かして、先頭パーティに追い付くことが出来たようだ

程なくして源次郎I峰。
ガスが抜けると明日登る予定の八ツ峰と、これから登る本峰が見えてきた。

今日もまだ道のりは長そうだ。

第II峰から40mほどの懸垂。

雨に打たれながら、踏み跡を辿って本峰へ。

連休だというのに、さすがに天候の悪さからか、人もまばらの山頂だった。

あとは長次郎谷をくだり、真砂沢へと戻る。

長次郎谷左俣の雪渓の状態はあまり良くないが、前爪のあるアイゼンがあれば問題ない。

Day3. 八ツ峰VI峰Cフェース、上半縦走。

昨日の渋滞に懲りて、今日は4時にスタートする。
しかし体調が優れず、Cフェイスの基部に到着したのは8時過ぎになってしまった。

この時点で2パーティー待ちの状態で、それ程待たずに済むかと思いきや、上層部でかなり混んでいるようだ。

10時半、登攀開始。

清水が登山靴で軽快に登っていくが、終了点が埋まっているようで、また止まってしまった。

こんなことを繰り返して、結局、最終6ピッチを追え、ロープを解いたのは4時前だった。

この日は大人しく上半縦走を諦め、V,VIのコルから降りることに決めた。

2本目の懸垂中に、コルへ続くトラバースラインが見えないこと、雪渓が切れてコルに上がれないことに気がついた。

気の緩みからか、ガスに惑わされ、誤った下降路を選んでしまったようだ。

すっかり暗くなり始めていたが、ここから3ピッチほど藪のなかを登り返す。

今日はビバークかと腹をくくりはじめた頃、正しい下降路が見えた。

日程にも余裕があり、焦ってテントに戻る必要性もなかったが、確実な下降路が見えたので、暗がりの中ロープを出す。

コルに辿りついたときには、ガスも切れて星が見えていた。

結局、この日はテント場に戻ったたのは11時だった。

Day4. 休息日。

濡れた装備をを乾かし、剱沢の冷たい水で汗を流すなど、各々ゆったりとした時間を過ごした。

Day5. 北方稜線

午後まではひどい天気にならないという予報を信じて、真砂沢を発つ。

まずは長次郎右俣の長い長い登り。

池ノ谷乗越しへたどり着いたら、ガリーの中は真っ白なガスに覆われていた。

破線ルートといえど、視界のないなか突き進む自信がない……。

どうしたものかと、暫く待機すると、これから進む先を覆っていたガスは切れ、逆に登ってきた長次郎谷が真っ白になった。

濃いガスが尾根を越えたのだ。

池ノ谷ガリーを下る。ひどく崩れると、前日に真砂沢で脅かされていたが、ビビりすぎていたようだ。この日は行程も長く、先を急ぐが、岩に飢えた男清水がチンネを食入るように見ている。

この様子だと、秋にまた同じメンバーでここに来ることになりそうだ。

小窓の王を越えたら、険しい岩稜は、穏やかな様相となった。

そのまま、小窓雪渓を下り、池の平経由で真砂沢へと戻る。

余裕を持って到着できたので、明日の下山を少しでも楽をする為、剱沢のテン場までひとがんばりすることになった。

残していた装備を全て背負うと、アプローチ時よりも重く感じる。

ここからの登り返しは、今回の山行のハイライトとも言える辛い2時間だった。

 

連日天候がすっきりせず、ぐずぐずと降ったり止んだり。肌に張り付きにくい裏地と、動きを阻害しないストレッチ性能のおかげで、頻繁に脱着をせずとも快適に過すことが出来た。

エバーブレスフォトンの商品情報へ