最強の5レイヤリングとは

投稿者: 畑本 恵里  ■写真:中山、畑本

CATEGORIES
スタッフの遊び記録
ACTIVITIES

膝の手術を目前に控えたスタッフの筋力トレーニングとして7月、金山がヒルクライムツーリング企画を打ち出しました。膝の調子を考慮して、登り傾斜は10%までに抑えたコースプラン。緩く長く登って、激坂を爽快に下って…を繰り返すとのこと。仮に途中でアクシデントが起こった場合でも主要ポイントでエスケープ可能ということで、ヒルクライム経験の少ないスタッフたちも集まってのツーリングとなりました。
■アクティビティ日:2018年7月1日  走行距離:約85km  獲得標高差:約2,600m
■コース詳細:
生野口銀谷(鉱石の道)- 神子畑(鉱石の道)- 笠杉峠(鉱石の道)- 一宮(福知渓谷沿い)- 砥峰高原(舗装林道)- 峰山高原 - 上小田(小田原川沿い)- 寺前(市川沿い) - 生野口銀谷

朝7時、生野駅周辺に集合。駐車場前の広場にはたくさんの人たちがラジオ体操のために集まっていました。耳慣れたラジオ体操の音楽を口ずさみながら、自転車を組み立てて出発です。

今回のメンバーは、ヒルクライム案内人の金山を含め7人。
マウンテンバイク、ロードバイク、ツーリングバイクなど、自転車のスタイルにこだわらないチーム編成です。

まずは口銀谷の街並みを通過し、少し標高を下げていきます。

この周辺は開坑1,200年の歴史を持つ日本有数の銀山である「生野銀山」や、奈良の大仏鋳造に使用した銅を産出したと言われる「明延鉱山」など、歴史的に重要な鉱山が点在する地域。
明治維新後には官営鉱山として、当時の最新技術が集結した生野・神子畑・明延の3つの鉱山があるこのエリアは、今も鉱山町の歴史に触れることができる、貴重な場所なのです。

と言うわけで、本日のヒルクライム案内人・金山は歴史ガイドも担います。

神子畑鉱山から生野まで、銀鉱石を運んだという馬車道を遡りました。「道のある所に歴史あり」そんな言葉がふと頭に浮かびます。

しばらくすると、前方に宙に浮かぶ巨大円盤が……。

思わず圧倒されて足を止めると、そこは神子畑の選鉱場。円盤状の建物は「シックナー」という選鉱のための巨大装置なのだそうです。その後ろの山肌に8段ほどに拓かれた場所は、当時事務舎が建っていたのだとか。
建物跡を見るだけで、当時この地域がどれだけ重要視されていたのか想像できます。

川沿いを快走した後は、峠越え。つづら折りになった舗装路を登り詰めると、そこが笠杉峠。
登り切ったあとは、三方町へ向かって長い長い下り坂。

途中、集団前方から写真を撮るため、中山が先頭に出ようとすると…

てっきり中山がスピード勝負を仕掛けてきたのかと思った金山の、「行かせるか」と言わんばかりのこの走り。
「待って…」と懸命にあとを追う中山。

後ろで見守っていた私たちは、そのやり取りに爆笑。

福知川出合で休憩したあとは、もう一度標高を上げていきます。

福地渓谷沿いのこの道は、「水がおいしそう」「川がキレイ」と、周りの景色に魅了され、思わず休憩回数も多めに……。

だんだんヒルクライムらしくなってきました。

ときどき、枯れ枝と落ち葉にタイヤを取られながら進みます。

沢沿いに最後の登りを詰めると、一気に視界が開けました。これが砥峰高原!

急に目の前に飛び込んできた高原風景に、みんな大喜び。

高原を眺めながらランチを楽しみ、次は峰山高原を目指して再出発。

走り始めてほどなく、メンバーの一人が道路沿いの茂みに何かを見つけ、立ち止まるとそこには、程よく色づいた野イチゴたち。

一度見つけると、そこら中に野イチゴが実を付けているのが目につき始め、みんな野イチゴ採りに夢中。なかなか前に進みません。

そうこうしながら峠を越えて、峰山高原リゾート ホワイトピークスキー場に立ち寄ったあとは、寺前を目指してひたすら標高を下げます。周囲もだんだん街の景色に。

程よい疲労感とともに市川沿いの渓谷道を登って、スタート地点の生野口銀谷に戻りました。
峠のアップダウンや、川、植物、高原風景を楽しみながらの今回のツアーは、まるで縦走登山のように自然を満喫する遊びとなりました。

このときは手術前だったメンバーも無事手術を終えた今、「次は軽い沢登りを取り入れたプランもええなぁ」と、金山はヒルクライムツーリング第2弾を企画している様子。今回よりもさらに、楽しみがギュッと詰まった企画になるのではないでしょうか。
そうとなればわれわれも、沢道具をどうやって自転車に積載するのか、今から考えておく必要がありそうです。

 

薄くて通気性の高いドラウトゼファーは、暑い日のアクティビティにピッタリ。登りで汗をかいてもすぐに乾くので、下り坂で汗冷えすることなく、快適に1日を過ごすことができました。ジップネックタイプなら首筋の日焼けも防げて◎!

ドラウトゼファーの商品情報へ