最強の5レイヤリングとは

投稿者: fun to track 編集部

CATEGORIES
VOICE
ACTIVITIES

濡れに強く、ウエア内の蒸れを外に出す適度な通気性を備え、軽量コンパクトな「ポリゴン2UL」。
一年を通して使える必携アイテムですが、冬山では一体どんな使い方があるのでしょうか? finetrackスタッフたちに聞きました!

冬山では予備の保温着や行動用保温着として!

雪のアクティビティを満喫できる冬。
この季節は気温はもちろん、雪による濡れも考慮してウエアを選ばないといけません。

ポリゴン2ULは濡れても保温性が下がりにくいことから、冬山で濡れを気にせず使える心強いミッドレイヤー。
さらにその軽量・コンパクト性から、予備の保温着としてバックパックに入れておいて、必要な時にササッと取り出して使う……そんな使い方もできるのです。

◆ もくじ ◆
————————————

1.雪山縦走のお守りに…!

2.山へ行くその途中に…!

3.BCスキーの行動保温着として!

4.膝下丈のニーパンツ登場!その背景に…

————————————

1.雪山縦走のお守りに…!

縦走登山などアップダウンを繰り返し運動量が大きくなるアクティビティでは、メインの行動保温着には、より通気性が高いもののほうが快適に過ごせることもあります。
しかしそんなときもfinetrackスタッフたちは、ポリゴン2ULをバックパックに忍ばせておくと言います。

その目的は、寒さが厳しくなったときの保温力向上のため。
軽量・コンパクトで持ち運びのストレスが少ないポリゴン2ULだからこそできる使い方ですね。

悪天候などで寒いときには、ポリゴン2ULをミッドレイヤーの上にもう1枚重ねるスタッフも。
特にテントで夜を過ごす際は、こうしたミッドレイヤーの2枚重ねで保温力をアップさせるという声が多かったです。

重量わずか210gのジャケットを1つ持っていくだけで、いざというときのお守りになる、というわけです。

 

2.山へ行くその途中に…!

じつは山の中だけでなく、山に行く前からポリゴン2ULを着用するスタッフも多数います。
ポリゴン2ULの保温力や着心地の軽さが、移動中の車内で快適なのです。
生地に多少の防風性があることによって、サービスエリアなどではアウタージャケットを羽織らずにそのまま外に出られるという利点も。

また登山口に到着後、車内で仮眠する際にはポリゴン2ULを上下着こんでおけば寝袋は必要ない、というスタッフも……。
女性スタッフからは「やはり寝袋がないと寒い」という意見もあったので、これはある程度寒さに耐性のある男性に有効な使い方なのかもしれません。

3.BCスキーの行動保温着として!

finetrackスタッフたちは、BCスキー中の行動保温着としてポリゴン2ULを着用することがよくあります。

その理由は適度に防風性のある生地で、冷たい風をほどよく防いでくれるから。
例えばハイクアップをする時など、アウターシェルを羽織るほどではないけど、風が吹くとやはり寒い…という場合にちょうど良いのです。

襟元を開けたり、ベンチレーションでウエア内に空気を通せば、保温性を保ちながらもオーバーヒートは防げ、体温調整がしやすいというわけです。

 

4.膝下丈のニーパンツ登場!その背景に…

最後に、この秋に新登場したポリゴン2ULのニューアイテム、ニーパンツ(写真左)について。
このアイテムの発売の背景には、ちょっとした裏話があります。

登山靴での行動や停泊中にはフルレングスがちょうどいいポリゴン2ULパンツですが、スキーブーツと合わせる際は、膝下部分がブーツに干渉してしまう、という難点がありました。
そこでfinetrackスタッフたちは、スキー用にポリゴン2ULパンツを自分で裾上げして使っていたのです。

「それなら膝下丈をラインナップしよう!」
そうして生まれたのがポリゴン2ULニーパンツなのです。

そのため、スキーブーツと併せるための保温パンツが欲しい人には、ポリゴン2ULニーパンツがうってつけ!
スネ周りのもたつきを感じることなく、お尻や腿はしっかり保温できます。

あなたは、どう使う?

以上、冬山でのスタッフのポリゴン2UL活用方法をお届けしました!
山の中でも、山に行く途中でも、いろんなシーンで活躍するポリゴン2UL。
みなさんもそんなポリゴン2ULをどんどん使い込んで、冬山を快適に過ごしてくださいね!

「活躍シーン、無限大!ポリゴン2UL ~秋山登山編~」はこちら!>>
「活躍シーン、無限大!ポリゴン2UL ~ウォーターアクティビティ編~」はこちら!>>

 

独自開発のシート状立体保温素材「ファインポリゴン®」を2枚封入し、超軽量リップストップナイロンを採用したキルティング仕様。
濡れに強く、ウエア内の蒸れを外に出す適度な通気性を備えるため、行動中にも積極的に活用できます。
適度な温かさ、上下とも200g前後という軽量コンパクト性も備え、寒い季節には行動着として、暖かい季節には携行保温着として、オールシーズン活躍する汎用性の高いモデルです。

ポリゴン2ULの商品情報へ