ドライ、だから温かい ドライを叶えるメカニズムを解説 5レイヤリング

投稿者: 二塚 尚紀  ■写真:二塚 動画:相川

CATEGORIES
スタッフの遊び記録
ACTIVITIES

記録的な暖冬の今シーズン。
ようやく届いた雪の報せに、降り積もる雪を想いつつ私達は東京を後にしました。
現地で神戸のスタッフ達と合流すると、出迎えてくれたのは、ブナの疎林に守られたディープでドライな信州パウダー。
雪不足故にゲレンデ練習を続けていた私達にとって、パウダーの中にはどこまでも自由が広がっていました。

■アクティビティ日:2020年2月8日

林道を抜けるとすぐにナイスパウダーを期待させるコンディションが目に飛び込んできました。
厚い雲に包まれた空模様が、日射しからパウダーを守ってくれました。

ここでトレースとはお別れ。誰も居ない斜面を目指します。

ラッセルお疲れ様でした。ブナ林に入り、お楽しみタイムに備え滑走準備を始めます。

滑走開始!!!
ダイナミックに身体を上下させて滑るテレマークでは、雪面に近づけば近づく程パウダーを感じられます。

私はメンバー7人のうち、唯一のアルペンスキーヤー。
こんなにもテレマーカーに囲まれる機会はこれまでなかったので、なんだか不思議な気持ちになります。

適度なブナの疎林が、パウダーと自由な滑走ラインをもたらしてくれます。

パウダーの喜びを全身で表現してくれました。

パウダーによる全身浴。暖冬の今シーズンですがここまで持ち直してくれました。

ブナに身を寄せひと段落。登り返してのもう1本に備えます。

本日最後の滑走!!オープンに近いブナ林を滑り抜けました。

 

激しいラッセルから、快適なスキー滑走。
運動の緩急が大きい山スキーではラッセルでも蒸れず、滑走時に体温を奪う風をシャットアウト出来る対候性と、相反する性能が必要となる。
そんな時でもずっと着ていたいシェル。

フロウラップ®フーディの商品情報へ