最強の5レイヤリングとは

スタッフの遊び記録

1/182018

穂高縦走(奥穂・ジャンダルム~南岳)

来春に3度目のK2遠征を控えた小谷部が、高度順化トレーニングと開発中のプロダクトのテストを目的に穂高への山行を立てていた。
そこへ、半月板損傷から復活した芳本と、そんな二人を撮影したい私が便乗し、計3名で山に入る事になった。
人数が増えるとそれぞれ行きたいところも増え、涸沢岳西尾根から穂高岳山荘を目指し、ジャンダルム往復、その後大キレットを越えて、南岳の西尾根から降りる欲張りな計画となった。
【山行日】2017年12月30日~2018年1月1日 
【メンバー】小谷部・芳本・吉田 【写真】吉田
...

続きを見る

投稿者: 吉田 春陽

ACTIVITIES

11/302017

雪を求めて立山へ

ここ何年か立山のシーズンインは遅く、アルペンルートの閉鎖まで十分な積雪とならない年もあった。そんな中、例年になく早い雪の便りが入ってきた。
投稿が遅くなってしまったが、これは11月頭の記録である。
【アクティビティ日】2017年11月3日~5日...

続きを見る

投稿者: 吉田 春陽 

ACTIVITIES

11/242017

夏休みの宿題 ~遅ればせながらの紅葉登山~

2017年8月、親不知から入山し、朝日岳、雪倉岳、白馬岳、祖母谷温泉、唐松岳を経て白馬に下山した。
8月は、残雪もあり黒部方面には抜けられず、自分の中で宿題となってた下ノ廊下、、。又、来年と考えていたが、小屋も閉まり紅葉観光のピークも過ぎたであろう11月初旬。会社の仲間より、欅平から黒部まで歩かない?とのお誘いが、、。ひとつ返事でOKしたのは言うまでもない。

■山行日:2017年11月4日~11月5日
■山行ルート:宇奈月温泉~欅平~水平歩道~阿曽原温泉~黒部ダム
※今年の下の廊下は例年になく残雪が多く、例年通りのルート取りができない箇所が何か所か見られた。そういう意味では、このルートはバリエーションルートと同じで技術と現場を見る目と状況判断が必要となることがある事を肝に銘じて臨んでほしい。...

続きを見る

投稿者: 稲田 和政 ■写真:稲田・髙木

ACTIVITIES

10/262017

剱再訪 ~チンネ左稜線登攀~

この夏、剱を訪れ、チンネの雄々しい姿に心を奪われた。
そして、空に向けて登っていくかのようなクライマーの姿に、自分も登りたいという欲望が湧き上がってくるのを感じた。
「今年中に必ず登りにこよう。」その時の思いをかなえるため秋の3連休、剱を再訪した。
【山行日】 2017年10月7~9日...

続きを見る

投稿者: 清水 憲柱 写真:吉田

ACTIVITIES

10/252017

小豆島一周ライド(マメイチ)

■コース日程:10/07(日) 深夜神戸港より、小豆島行きジャンボフェリー乗船
       10/08(祝月) 坂手港(7:30)-スタート(08:15)-福田港・昼食(11:45)-坂手港(13:45)

■コース概要
小豆島の道路は交通量が多くなく、道の舗装も良く自分のペースが保ちやすい。アップダウンがリズミカルに出現し、島特有のオーシャンビューも楽しめて、ライダーを飽きさせない。コンビニは島の南側のみにあり、北側では港の土産物屋と食堂等を活用するのがベター。今回は西の戸形崎の半島、南東の大角鼻の半島部分は省略したコースを取った。

■アクティビティ日:2017年10月7日~8日...

続きを見る

投稿者: 松本 大樹  写真:国政・松本

ACTIVITIES

10/202017

漏斗谷・北又谷キャニオニング

ご存知の方も多いと思うが、「沢登り」は日本の文化だ。海外ではもっぱら、沢を下る「キャニオニング」が主流である。
海外の沢を見て来るとよくわかるが、日本の沢のほとんどは、どこかに登るための弱点を残してくれていることが多い。
そんな日本の沢で遊ぶものとしては、「登る」ことにはこだわり続けたい。
しかし、沢登りではどうしてもアクセスできない未踏個所が存在するのも事実。

黒部川黒薙川支流の漏斗谷はそんな谷の一つだ。標高差1500mほどを一気に落としながら、水量豊富な長いゴルジュがあり、登りではまとめて大きく高巻くしかないポイントがいくつもある。
下ることに特化し、水流への対処も想定したキャニオニングの技術は、そんなゴルジュの突破手段としては非常に有効だろう。一つの手段にこだわらず、「登り」と「下り」どちらの技術も柔軟に使うことで、これまでアクセスできなかった場所に、たどり着けるのではないか。
今回、あえて水量の多そうなタイミングにこのゴルジュの完全解明を狙って、2泊3日で漏斗谷~北又谷の継続のキャニオニングを試みた。

【遡行日】2017年9月22日~25日...

続きを見る

投稿者: 相川 創

ACTIVITIES

10/52017

比良山 縦走トレイルランニング

トレランはほとんどソロで行くことが多く、この週末もホームの六甲にてどのコースを走ろうか?と考えていたところ、会社の仲間から「比良を縦走しませんか?」との連絡あり。なぜに、前日連絡・・・?と思いつつも仲間で行くトレラン遊びは、より楽しいだろうと即時快諾。 
どうせならと、もう1名、身軽そうなメンバーの誘い込みに成功し、合計3名で、初めてのコースに思いをめぐらし、大阪から始発電車に飛び乗り滋賀へ向かった。
【ルート】蛇谷ヶ峰~比良山山頂~蓬莱山(約20Km)
【アクティビティ日】2017年9月3日
...

続きを見る

投稿者: 稲田 ■写真:稲田、中山、畠山

ACTIVITIES

9/102017

夏の終わりに

目指したのは神戸から車で2時間半ほどの奈良県大峰山系のとある沢。
【釣行日】2017年9月2日...

続きを見る

投稿者: 吉田 春陽

ACTIVITIES

8/312017

折りたたみ自転車+登山で日本横断

お盆休みは自転車と登山を組み合わせた、日本横断にトライした。
使用したのは折り畳み自転車。最近の折り畳み自転車の性能はなかなかのもので、たためばザックに収まり、重量7㎏台ながら、まずまずの走行性能を誇る。もっとも変速付きへの改造と、タイヤのオフロード向けの変更だけは行った。
この自転車を使えば、乗れるところは乗り、それ以外はザックに入れて歩くといった今までにないスタイルの旅ができるかもしれない。描いたルートは、日本海側の富山から太平洋に抜けつつ、富士山、北岳、奥穂という日本の標高1,2,3位のピークと、木曽駒ヶ岳も加えて北・中央・南アルプスの最高峰をすべて踏むをプラン。
すべて人力、生活道具一切を持ち、ピストンなしのワンウェイルートだ。
自転車走行合計360km、歩行合計100km。これを10日間で走破できるか?
【アクティビティ日】2017年8月11日~19日...

続きを見る

投稿者: 相川 創

ACTIVITIES

9/82017

ピレネー山脈 国境をまたぐ山歩き

せっかくの長期休暇だから、普段では行くことのできない山域を歩いてみたい。と、この夏の遠征先にピレネー山脈を選んだ。テント泊装備を入れたバックパックは機内持ち込みギリギリのサイズ。日本から登山口までの移動に3日かかるため、山中を歩けるのは結局のところ5日間のみとなるが、欲張って自分の目で見たいルートを寄せ集め、GR10、GR11、HRPといったトレイルをごちゃ混ぜに歩いてきた。
【山行日】2017年8月12日~17日...

続きを見る

投稿者: 畑本 恵里

ACTIVITIES